注目のキーワード

歴史

ニューズウィーク日本版『歴史』に関する記事一覧

今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサント社とは何だったのか
米企業

今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサント社とは何だったのか

<化学会社からアグリビジネスに見事脱皮した米企業モンサントの、変わらない「本質」を徹底的に暴く新著『...

2022.01.20
1億8000万年前の巨大な「魚竜」の化石が英国で見つかる
海洋生物

1億8000万年前の巨大な「魚竜」の化石が英国で見つかる

<体型はイルカ似だが、体長は約10メートル──巨大な海洋生物の化石が英国で見つかった> イングラン...

2022.01.14
今も闇に包まれた「マルコムX」暗殺事件...専門家が語る「疑惑」と「再捜査」
歴史

今も闇に包まれた「マルコムX」暗殺事件...専門家が語る「疑惑」と「再捜査」

<1965年の射殺事件で服役した男性2人の有罪が、昨年11月になって取り消しに。それでも残る数々の疑...

2022.01.13
        
「抗議があったから中止する」あいトリを筆頭に相次ぐこのパターンは深刻な危機だ
私的邦画論 森達也

「抗議があったから中止する」あいトリを筆頭に相次ぐこのパターンは深刻な危機だ

<家の敷地内に小屋を作り、精神障害者を家族が閉じ込める「私宅監置」について取り上げたドキュメンタリー...

2022.01.12
        
未来予想図の答え合わせ 100年前、50年前、そして50年後はどんな世界に?
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

未来予想図の答え合わせ 100年前、50年前、そして50年後はどんな世界に?

<100年前、50年前の知識人たちが予想した2020年像はどのくらい実現しているのか? また、今日の...

2022.01.11
        
マザー・テレサの救貧院に政治的圧力──インドで見られる「弱さの玉突き」
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

マザー・テレサの救貧院に政治的圧力──インドで見られる「弱さの玉突き」

・マザー・テレサが遺した救貧団体に対して、インド政府の政治的圧力が強まっている。 ・その背景には...

2022.01.06
ローマや北京はなぜ「崩壊」しなかった? 古代都市から「持続可能性」を学ぶ
考古学

ローマや北京はなぜ「崩壊」しなかった? 古代都市から「持続可能性」を学ぶ

<何世紀も存続している古い都市の特性は、現在の世界の各都市が「気候変動」という難題を乗り越える重大な...

2021.12.23
        
「BLACKPINKジス」主演ドラマ、批判殺到で打ち切り危機...協賛の撤退相次ぐ
for WOMAN

「BLACKPINKジス」主演ドラマ、批判殺到で打ち切り危機...協賛の撤退相次ぐ

<民主化運動を侮辱していると批判が殺到。協賛企業は、事前に「脚本のあらすじは一切知らされていなかった...

2021.12.22
若者はこうして戦地へ送られた──櫻井翔が日本近代史家・秦郁彦に聞く
櫻井翔と戦争の記憶

若者はこうして戦地へ送られた──櫻井翔が日本近代史家・秦郁彦に聞く

<本誌12/21号『櫻井翔と戦争の記憶・後編』掲載のインタビューを公開。1943年「学徒出陣」とは何...

2021.12.21
メキシコはこうして「犯罪と暴力」に沈んだ...麻薬戦争、真実の100年史
麻薬

メキシコはこうして「犯罪と暴力」に沈んだ...麻薬戦争、真実の100年史

<単純な「善と悪」の戦いという構図では描けない。ドラッグと犯罪組織の撲滅を大義名分に、社会の腐敗と崩...

2021.12.10

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice