最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

横浜の和菓子店、上生菓子に一目ぼれした中国人店主の「おんがえし」

2020年2月6日(木)18時40分
宇佐美里圭(本誌記者)

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

<横浜市鶴見区に「菓心 雪梅庵」という和菓子店がある。店主は2009年に来日し、修業を重ねてきた四川省出身の熊雪梅。だが彼女が自分の店を開くまでには大きなハードルがあった。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集より>

店内には美しく繊細な上生菓子だけでなく、キャラクターが描かれたパッケージや、面白いネーミングの和菓子、子供が好きそうなポップな色合いの和菓子まで多種多様な商品が並ぶ。「親しみやすくしたくて」と店主の熊雪梅(ゆう・せつばい、37歳)は言う。
20200204issue_cover200.jpg
四川省出身の熊が横浜市鶴見区に「菓心(かしん) 雪梅庵(ゆきうめあん)」を開いたのは2018年10月のこと。日本へ来ることを決めたのは「上生菓子を初めて見た瞬間だった」というから、和菓子への情熱は人一倍強い。

「昔は中国で事務員として働いていたけれど、あるとき日本人のお客さんが上生菓子をお土産に持ってきた。一目で美しさに心を奪われ、こんなものを自分も作れるようになりたいと、その場で仕事を辞める決心をした」

magSR200206chinese-yusetsubai-2.jpg

見事な上生菓子から、どら焼きやみかん大福といった和菓子までそろう。「生麦囃子サブレ」などご当地和菓子も RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

それから2年間、貯金をしながら日本語を学び、和菓子について下調べを進めた。来日したのは2009年。まず日本語を学ぶため、横浜市内の語学学校に入った。

2年間通うつもりだったが、1年で日本語検定1級に合格。卒業を促され、翌年に製菓専門学校へ入学した。そこでも優秀な成績を収め、奨学金を取得。学校のコンクールで賞を取ったこともある。

magSR200206chinese-yusetsubai-3.jpg

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

どんなに優秀であっても、和菓子業界への就職となると外国人というだけでハードルが高くなる。

「就労ビザが下りないので、面接で断られる。何社も落ちて、ようやく中国進出を予定していた横浜の老舗和菓子店に就職できた」

magSR200206chinese-yusetsubai-4.jpg

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

そこで4年間修業を積んでから、同業他社に転職。さらに和菓子にのめり込んでいった熊は、勉強会で出会った職人や製菓会社の社長のつてを頼り、修業の旅に出た。沖縄、静岡、名古屋、大阪、千葉......6軒の和菓子店に3日間ずつ泊まり込み、職人たちに教えを請うた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米雇用統計、11月21万人増で予想下回る 失業率は

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は69.1と予想外に上

ビジネス

米製造業新規受注、10月は1.0%増 予想上回る

ビジネス

米、為替操作国認定なし スイスを日中韓などとともに

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月