最新記事

インタビュー

東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊の本

2021年5月10日(月)11時15分
朴順梨(ライター)
ときど、eスポーツ

Photo: 遠藤 宏

<東大大学院を辞めてプロゲーマーとなったが、大スランプに陥った。接戦で負けてしまう自分を変えたかった。そんな頃に出合ったのが『メンタル・タフネス』。この本から自分なりのルーティンを取り入れたという>

勝負の世界は、練習しないと勝てないけれど、練習すれば必ず勝てるわけではない。だから勝負に挑む人は皆、自分なりの試行錯誤を続けている。

プロ格闘ゲーマーのときど(本名:谷口一)さんも、もちろんその一人だ。

大学教授の父を持ち、麻布中学・高校を経て東京大学に進学したときどさんは、2010年に日本で2人目のプロゲーマーとしてデビューした。以来「ときど式」と呼ばれる独自のプレイで好成績を残してきたものの、3年後に大スランプに陥り、勝てない日々が続いた。

そこでゼロから再チャレンジし、2017年に参加した世界最大の格闘ゲーム大会「EVO(Evolution Championship Series)」では、2000人以上が出場した『ストリートファイター5』部門で優勝。そうしたキャリアを重ねるなかで出合ったのが、『メンタル・タフネス――ストレスで強くなる』(CCCメディアハウス)だ。

テニス選手のモニカ・セレシュをはじめ、トップアスリートの指導に当たってきたスポーツ心理学者、ジム・レーヤーによる同書は、IBMやメリルリンチなど一流企業からも高い評価を得て、世界的なベストセラーに。

プレッシャーのもとで実力を最大限に発揮するための20年の研究成果をまとめた一冊だが、この邦訳も1998年に刊行されて以来、ロングセラーとなっている。

『メンタル・タフネス』は、eスポーツという競技の舞台で戦うときどさんに、どんな変化をもたらしたのか。

接戦で負けてしまう自分を変えたかった

――スランプから復活するまでを描いた著書『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』(ダイヤモンド社)で、『メンタル・タフネス』について触れています。何がきっかけでこの本を読んだのですか?

2017年頃に、ゲーム仲間の古い友人に勧められたんです。僕よりずっと年上の彼はボクシングとかテニスとか、いろいろなスポーツが好きな人でした。

ある時「テニスはメンタルが大事なスポーツで、超一流のアスリートはメンタルを鍛えることを心がけている。この本だけでは最新のトレーニング法は分からないかもしれないけれど、メンタルを鍛える勉強をしておくといいかもしれないね」と言われたので、そこまで言うなら読んでみようと。

当時の僕は接戦で負けてしまうことが多くて、その解決策を探していたというのもあるのですが、「これでメンタル的にタフになれるのなら、ちょっと試してみたいな」と思える内容だったので、すんなり頭に入ってきました。

――ストレスと付き合いながらメンタルを鍛えることがテーマの本で、自分なりのルーティン(儀式)を取り入れることが、実力を発揮するカギになるとあります。ときどさんにも、ルーティンはありますか?

もともと「黒い服しか着ない」といった、こだわりがあるほうだったのですが、夜寝る前にプロテインを飲むとか筋トレを2日に1回やるとか、結構ありますね。

本の中で紹介されている、自分で決めたことを毎日行ったかどうかをノートにチェックするのも取り入れています。今日、そのノートを持ってきたんですよ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米USTR代表、英国際貿易相と会談、鉄鋼・アルミ問

ビジネス

米半導体強化予算の議会通過、来年にずれ込む可能性=

ビジネス

三菱自、軽ワゴン「eKスペース」の生産を一時停止 

ワールド

新たな変異株などによる経済への影響を注視=松野官房

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    安倍元首相オンライン演説を台湾はなぜ歓迎しないの…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月