最新記事

BOOKS

市場価値の高い「AI人材」にプログラミングの知識はいらない【各出版社イチオシの本4冊】

2021年9月28日(火)18時22分
flier編集部

他人の承認を求めない生き方

『毎日がストレスフリーになる「自分ほめ」』
 著者:原邦雄
 出版社:フォレスト出版
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

人の悩みの9割は、「人間関係」がからんでいると言われます。そんな人間関係の悩みが解消されたら、人生はストレスフリーに近づくはずですよね。

「そんな解決方法なんてあるわけない」と思われるでしょうか? 実は、その方法はあるのです!

それが1日1回の「自分ほめ」。

著者は、ほめて人を伸ばす「ほめ育」創始者。人間関係に悩んで引きこもりになった経験と、脳科学や心理学などを融合し「ほめ育」を構築、現在18か国の教育現場や企業に導入されています。

本書は、30日間の「自分ほめ」プログラムを紹介しています。朝起きられた、遅刻しなかった、まずは小さな成功を認めます。過去を振り返って徐々に自己肯定感を上げ、最後は大きな目標へ踏み出すようにマインドセットします。

自分の道がビシッと決まれば、フィットしない人間関係は不思議と離れ、すべての問題が自分に役立つものに見えてきます。自分で自分を認めれば、誰かの承認を得ようとする沼にはまることはないはず。「自分ほめ」は、心地よく生きていくための新習慣なのです。

(編集担当 水原)

「文系AI人材」に求められるもの

『超実践! AI人材になる本』
 著者:大西可奈子(監修)
 出版社:学研プラス
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

DX化が進む社会において、自分でプログラミングができなくてもいいが、AIの概念をしっかり理解したうえで、アイデアの創出、ビジネスモデルを練ることができる「AI人材」の需要がますます増えていきます。

本書では、「文系AI人材」の視点で、AIプロジェクトの進め方のポイントやコツを紹介します。専門用語を極力使わず、事例を交えて分かりやすくまとめました。

AI開発はエンジニアの仕事ですが、プロジェクト全体で考えれば、それは「ほんの一部」。プロジェクトを企画し、推進していくプランナー兼マネージャー的人材の力が必要で、データ収集やシステム運用、進行管理、評価、改善など、知っておくべき業務はたくさんあります。この本で、開発から運用まで、プロジェクトの一連の流れを理解することができるので、ざっと流れを知りたい、という方にもおすすめです。

「AI」と聞くと、思わず身構えてしまう人も多いかもしれませんが、やり方や手順がわかれば怖くなくなるはずです。これ1冊で、全ビジネスパーソンが知っておきたいAIの基礎知識が学べます。

(趣味実用編集部)

flier編集部

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。

通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されているほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。

flier_logo_nwj01.jpg

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル3週間ぶり高値、FRBが3月利上

ビジネス

カナダ中銀、金利0.25%に据え置き 近い将来の利

ビジネス

FRB、3月利上げの可能性示唆 インフレ対応へ転換

ワールド

米、安全保障巡りロシアに文書で回答 国務長官「真剣

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月