コラム

日米のコロナ対策に共通する「リスコミ」の問題点

2021年05月06日(木)13時30分

政府分科会・尾身会長からは専門家としての見解が発信されているが David Mareuil/Pool/REUTERS

<本来なら政治の役割である総合的な判断や責任まで、感染症の専門家が背負わされるのは筋違い>

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって約14カ月。この間、新型コロナのリスクに関する専門知識の普及と、対策の根拠を社会に対して説明するコミュニケーション、つまり「リスコミ(リスク・コミュニケーション)」については、アメリカと日本は似通った体制が取られてきました。

もちろん、アメリカの場合は保守層の中に「マスクもワクチンも拒否」という対策に非協力的な世論があり、その一方で、バイデン政権は巨額の国費を投じて猛烈な勢いでワクチン接種を進めているなど、政治的構図や政策の中身は大きく異なります。

ですが、リスコミの体制については、驚くほど似通っています。それは、政府側の発信も、これを受けて是々非々で臨むメディアの側の発信も、「感染症の専門家」だけに頼っているという構図です。

まず、アメリカの場合、感染症の専門家として、国立アレルギー・感染症研究所の所長である、アンソニー・ファウチ博士の存在があり、国のより上位の機関であるCDC(疾病予防管理センター)や、WHO(国際保健機関)との連携を取りつつ感染拡大対策に関する具体的な説明と提言を続けてきています。過半数の国民、特に東北部や西海岸の各州、そして民主党支持者の間では、ファウチ博士への信頼感は絶大です。

感染症対策の立場以外の問題、つまり経済への影響、社会心理などについては、その方面の専門家が問題提起をする機会は限られています。ですから、こうした問題については、政治、特にホワイトハウスという国家レベルの行政府と、各州の知事という行政が政策を説明するだけでした。

経済や社会の議論は聞こえてこない

日本の場合もこれと似通っています。専門家としての説明と提言は、尾身茂博士をはじめとする感染症の専門家に限られています。それ以外の経済や社会の問題については、政府が政策を説明するだけで、専門的な議論というのは聞こえてきません。政府の諮問委員会には経済学者も入っていますし、財界が提言したりすることはありますが、どちらも肝心の論点を世論に説明する体制とはなっていません。

いくつか問題が指摘できます。

その1つは、感染症の専門家が、理不尽な攻撃に晒されるという問題です。感染症の専門家の立場というのは、問題となっている感染症の患者を少しでも減らし、そして罹患した人は1人でも多く救命するというのが原則です。医師としてそれが、絶対に譲れない倫理であるからで、当然のことです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中