コラム

監督の子供時代の思い出に着想を得た韓国系移民家族の物語『ミナリ』

2021年03月18日(木)18時21分

監督自身の子供時代の思い出に着想を得た韓国系移民の家族の物語 © 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

<アカデミー賞で6部門にノミネートされた『ミナリ』は、監督自身の子供時代の思い出に着想を得た韓国系移民の家族の物語......>

世界の映画祭を席巻し、本年度アカデミー賞で6部門にノミネートされたリー・アイザック・チョン監督の『ミナリ』は、監督自身の子供時代の思い出に着想を得た韓国系移民の家族の物語だ。

舞台は1980年代のアメリカ南部。物語は、ジェイコブと妻のモニカ、長女のアンと弟のデビッドが、アーカンソー州の高原にたどり着くところから始まる。これまでカリフォルニアで暮らし、10年も孵卵場でヒヨコの雌雄鑑別の仕事を続けてきたジェイコブは、農業で成功することを夢見てその土地を選んだ。だがモニカは、何もない土地と安普請の車輪付き平屋を目の当たりにして愕然とする。

夢を追うジェイコブと都会の韓国系コミュニティで子育てしたいモニカの関係がぎくしゃくするため、夫婦はモニカの母を韓国から呼びよせ、子供たちの世話をまかせることにする。やって来た祖母は毒舌の型破りな人物で、弟のデビッドを大いに戸惑わせるが、あるいたずらをきっかけに絆を深めていく。だが、農場の水が干上がり、取引先も当てにならず、家族に次々と災難が降りかかる。

監督の子供時代の思い出から個性的な人物を作り上げる

チョン監督は子供時代の思い出から、実に個性的な人物を作り上げている。

デビッドは祖母が来ると聞いて、クッキーを焼いてくれる優しいおばあちゃんを想像していたが、その予想は見事に外れる。祖母が初めて会う7歳の孫にみやげとして差し出すのは花札で、今から覚えれば強くなれると言って平気な顔をしている。料理はできず、テレビのプロレス中継に興奮して声を上げている。一家が教会に行ったときには、回ってきた献金のトレイからモニカが入れた札をくすねる。

それから、ジェイコブに雇われて農場で働くことになるポール。彼には他のキリスト教徒とは違う強烈な信仰心があり、その行動はときに奇異に映る。耕した畑に苗を植えるときに、唐突に悪魔祓いを始める。ジェイコブがタバコを勧めると、恐ろしいものを見るように身を引いて拒む。一家が教会の帰りに偶然ポールに出会ったとき、彼は大きな十字架を肩にかけて引きずるように田舎道を歩いている。

しかし、チョン監督が思い出を巧みに構成し、個性豊かな人物を盛り込むだけでは、本作のように人を深く引き込み、特別な印象を残す世界を切り拓くことはできない。そこには、人物やエピソードをしっかりと結びつけていく独自の視点が埋め込まれている。

女性作家フラナリー・オコナーの作品の影響

そこで筆者が注目したいのが、チョン監督が南部出身の女性作家フラナリー・オコナーの作品の影響を口にしていることだ。ただし、本人は以下のようにしか語っていない。


「オコナーの作品では、読者が最も好きになれない登場人物が、他者に対して恵みと救いの手を差し伸べる。僕はそういう意外な展開が好きで、すごく励まされる」(プレスより)

この発言は、後述するようにオコナーの作品の重要な部分に触れてはいるが、影響はそれだけではないように思える。筆者はこの発言を目にする前に、本作を観ながらオコナーの作品を連想していた。

たとえば、監督自身が投影された少年デビッドが、心臓病を抱えている設定になっていることだ。オコナーは紅斑性狼瘡という難病を患い、39歳で没したが、そうした背景が様々なかたちで登場人物に投影されている。

oba20210318b.jpg

『フラナリー・オコナー全短篇【上】』フラナリー・オコナー 横山貞子訳(筑摩書房、2003年)『秘儀と習俗──フラナリー・オコナー全エッセイ集』フラナリー・オコナー 上杉明訳(春秋社、1999年)

短篇『田舎の善人』に登場する32歳の女性ジョイは、10歳のときに狩猟中の事故で片足を失い、「十分に手をつくせば、ジョイは四十五歳までは生きるでしょうと医者から言われている。心臓が弱いのだ」と表現されている。短編『火の中の輪』で「女の子は十二歳で顔色が青白い。太っていて斜視ぎみで、大きな口の中には銀の歯列矯正ブリッジがぎっしりかかっている」と表現される少女は、いつもなにかに隠れるように周囲の出来事を見守る。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中