コラム

英ワクチン戦略に富士フイルム子会社が参加 「戦時体制」で集団免疫獲得に突き進む

2021年03月30日(火)11時22分
新型コロナワクチン対策について記者会見に臨んだ英ジョンソン首相(3月29日)

7月までに18歳以上のワクチン接種を終える、と出口戦略を示したジョンソン首相(3月29日) Hollie Adams/REUTERS

<かつて政治優先でコロナ対策でつまずいたことがあるジョンソン首相も、今は忠実に科学者の声を聞いている>

[ロンドン発]3月29日から段階的にロックダウン(都市封鎖)を解除していくボリス・ジョンソン英首相は記者会見で米バイオ製薬ノババックスの新型コロナウイルス・ワクチンを富士フイルム子会社がイギリス拠点で生産することを強調した。同国ではすでに3044万4829人が1回目の接種を終え、ワクチン接種による集団免疫の獲得に突き進むが、日系企業も重責を担うことになった。

このうち367万4266人が2回目の接種を済ませており、ジョンソン首相は「高齢者やハイリスクグループへの接種が入院と死亡の割合を下げるのに役立った証拠は明確だ」として「4月は多くの人に免疫を強化する2回目の接種が行われる」と明言した。7月までに18歳以上の接種を終えるという。

パトリック・ヴァランス英政府首席科学顧問は記者会見でスライドを示し、全員が1回のワクチン接種(有効性約80%で算定)を受けただけで、4週間のうちに入院するコロナ患者数は55~64歳で28.9人から5.8人に、45~54歳で21.2人から4.2人に激減すると解説した。ワクチン接種により、病院がコロナ患者であふれかえる「医療の逼迫」はほぼ確実に解消される。

210330VACCINE.jpeg

"モグラ叩き"を繰り返さないために

都市封鎖を緩和すれば人の接触回数は元に戻り、新規感染者や入院患者は増えるという"モグラ叩き"をこれまでジョンソン首相は繰り返してきた。ヴァランス氏は「高齢になればなるほど重症化リスクは増す。しかし、ワクチンを接種すれば入院する割合は劇的に減らせる。だから予防接種の通知が届いたら必ず接種してほしい」と呼びかけた。

その上で「ワクチンの効果は100%ではない。実効再生産数が今より上昇し、入院患者数が増えたら、再び社会的距離政策を強化しなければならない」と4回目の都市封鎖もあり得るとの最悪シナリオを示し、楽観ムードに釘を刺した。

1回目の都市封鎖が行われた昨年3月23日時点の入院患者数は4874人(1日当たりの新規感染者数は1273人)。2回目の11月5日時点は1万3793人(同1586人)、3回目の今年1月5日時点は3万681人(同4117人)。今は4560人(同334人)まで激減した。

原則、無償で医療を提供している国民医療サービス(NHS)はコロナ病床を柔軟に伸縮できるよう態勢を整えた。今後はワクチンの接種状況と入院患者数をにらみながら封鎖解除が進められていく。

【3月29日】屋外や庭なら6人または2家族まで集まれる。屋外のスポーツ施設を再開。特定の1人だけ介護施設の入所者を訪問できる。理由なく海外に渡航すると5千ポンドの罰金。葬式は30人、結婚式は6人まで。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中