コラム

ウイグル人と自転車屋を殺す習近平?

2021年09月03日(金)16時25分
バーにいる習近平

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<今、独裁者ジョーク界の主役は習近平。中国政府によるウイグル人などの弾圧に対し、欧米で非難の声が広がっている>

【自転車屋】
北京のバーで習近平(シー・チンピン)が側近と酒を飲んでいた。習近平が言った。

「今度、1000人のウイグル人と、1人の自転車屋を殺そうと思う」

その話を耳にした1人の学生が、驚いて習近平に聞いた。

「1人の自転車屋って、それは一体どういうことなのでしょうか?」

習近平はニヤリと笑いながら、側近にこう言った。

「ほら見ろ。人民はウイグル人の命などなんとも思ってやしない」

◇ ◇ ◇

ジョークの本質は風刺である。なかでも権力者、とりわけ独裁者を笑い飛ばすことは、最も人間らしい営為の1つとでも言えるかもしれない。

20世紀、人類が最大の笑いの標的としたのは、ソ連のスターリンだった。共産主義が抱える矛盾や不条理は格好の笑いの餌食となった。

そして21世紀、独裁者ジョーク界の新たな主役の座に堂々と上り詰めたのが、中国の習近平である。

アメリカ国務省によると、新疆ウイグル自治区では実に100万人以上もの人々が強制収容所に送られたと推計されている。

アメリカの超党派議員らは、2022年の冬季五輪の開催地を北京から変更するようIOC(国際オリンピック委員会)に要請中。彼らは中国政府がウイグル人などを弾圧していることを強く問題視している。

このような動きは、ヨーロッパなど世界各地に広がりつつある。イギリスの保守党元党首のイアン・ダンカン・スミス議員は、北京での五輪開催を容認することは「ヒトラーに対する宥和に等しい」と主張。

ナチスドイツに対してヨーロッパ諸国が宥和政策で臨んだことがヒトラーの増長を招き、第2次世界大戦につながっていったことは、20世紀の重要な教訓である。

日本では在日ウイグル人らが中国の人権侵害を非難する国会決議の採択などを求めているが、日本政府の動きは国際社会と比べていかにも鈍い。

これでは日本国憲法前文の「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」の理念にも反するのではないか。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国ドローン大手DJIに制限検討を、米FCC委員が

ビジネス

為替の安定は非常に重要、引き続き動向注視=磯崎官房

ビジネス

前場の日経平均は小幅続伸、米株高を好感 2万950

ワールド

インドネシア、原材料輸出の全面停止を計画=大統領

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危機」に陥っている根本原因

  • 4

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 6

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 7

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 8

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中