コラム

無価値不動産購入のススメ

2021年10月27日(水)16時50分

知事の許可等が無ければ基本的に開発のできない市街化調整区域は、無価値どころか金を払ってでも手放したいという所有者がいるだろうが、ホームセンターで売っているごく簡便な物置程度以外は、原則としてユニットハウスも置いてはならないので注意が必要である。できれば市街化調整区域ではない平坦地にユニットハウスを建設しよう(各自治体の担当者に聞くべし)。この場合、土地代+登記諸経費+ユニットハウス代で総計60万円程度で立派な倉庫が完成する(月1万円のトランクルームを5年借りる金額で所有権が手に入る)。それでも初期費用を抑えたい場合は、やはり最初から使用に耐える小屋付きの土地をじっくりと探すことをお勧めする。

またある程度不動産取引に詳しければ、競売物件の落札を図るのも可である。裁判所が管轄する競売物件は、土地付き家屋(一戸建て)や区分所有権(マンション)を安価で落札できる場合があるため、不動産屋の仕入れ先になっている。が、大抵占有者(居住者)が存在し、マンションの場合は管理費を滞納しまくっていて数百万円の負債と一緒に買うことになるため、素人にはお勧めできない。

 よって競売物件で狙うのはそもそも占有者が存在しない「只の土地」で、坪単価は数千円に満たない場合もある。どうやって入札したらよいのか全く分からない場合は、管轄する地方裁判所の窓口に行って聞いてみよう。運が良ければ市価の半値~数分の一以下で土地が手に入る可能性が出るが、詳しくは裁判所が公開している「三点セット」を参照してよく吟味してほしい。

*無価値不動産の維持費

 ここまでしてこのような無価値不動産の維持費はどうであるのか、という点である。まず不動産取得税が一回限りかかる。これは取得した不動産に属する自治他体から数か月後に送られてくるもので、無価値不動産の場合は、数千円から高くても2万円に満たないだろう。

 これ以外に注意するべきなのは不動産を所有する人間には漏れなく追尾される固定資産税であるが、その不動産があまりにも無価値の場合は、ある一定の評価額より下であれば全額免除される。つまり維持費が0円の場合もありうる。筆者の写真にある小屋付き土地の場合、年間固定資産税は約3000円である。月にすると250円程度になる。

これ以外に、考慮すべき維持費というのはない。もし小屋に電気を引きたい、土地の上に建てたユニットハウスのクーラーを動かしたいとなれば、電力会社との契約が必要(最も近い電柱から最適に電線を通してくれる。特別な事情がない限り工事費は無料)だが、毎日行くわけではないから契約アンペアは最低単位でよい。地域にもよるが月にすると12~1300円程度である。無価値不動産の利点は、毎月の維持費が限りなくゼロに近いことである(尤も、土地の評価額が高騰すれば固定資産税は増大するが、無価値不動産の立地で、この時代状況ではそういったことは起こりにくい)。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中