コラム

社交性信仰が日本をダメにする

2021年04月21日(水)18時10分
山田真貴子前内閣広報官と安倍前首相

社交性がアダとなった?山田前内閣広報官(右、写真は2013年11月) Yoshikazu Tsuno/Pool-REUTERS

<とくに公僕にあっては「飲み会を断らない」ことより、孤高でいられることのほうが大事だ>

「飲み会を絶対断らない人」こと山田真貴子前内閣広報官が急転直下辞任したのはつい先月の事である。東北新社に端を発した接待問題はNTTにも波及した。「飲み会を絶対断らない」どころか、そもそも「飲み会に誘われない」私は、この問題の本質を旺盛な社交性にあると見る。


「飲みニケーション」は死語になったのであるが、未だに飲み会を梯子することで人脈を築こうとか、人との関係性を築こうと考えているその魂魄自体が前時代的で封建的発想である。山田前内閣広報官の最大の失敗は、接待を受けたその相手が菅総理の息子だったという事が本質ではなく、彼女の横溢する社交性が完全に裏目に出たことだ。社交性があるからこういうことになるのだ。社交性が無く最初から飲みに誘う・誘われる人間がいなければ、彼女は公務員を辞任する羽目にはならなかったであろう。社交性とは本当に恐ろしいモノであると実感した。

コロナ禍下で緊急事態宣言が解除された後も、新規感染者の急増により大阪、東京、沖縄など全国各地で所謂「まん防」が発出された。このような事態にあって、週刊誌が著名人や議員らの会食や飲み会をすっぱ抜き、その度に世論から激烈な罵声を浴びせられている。緊急事態宣言も「まん防」による会食自粛要請等も、あくまで要請であって法的強制ではないので、個人の自由意思で何時であっても飲み歩くことは何ら問題とすべきことではないが、この程度のことで週刊誌がセンセーショナルに書き立てるとはよほどネタに困っているか、日米地位協定およびそこから派生する所謂「在日米軍特権」という「巨悪・不平等」に対する国民世論の関心を逸らさせん為のワシントンの狡猾なる工作に違いないのである。

それはともかく、本当に私には社交性というモノがない。大学(京都市内)では友達が全然できなかった。正確に言うと最初の六か月程度はなんとか友達が出来たが、私自身、学部の授業に出るのが面倒くさくなったので、学校に行かなくなってしまった。そのため畢竟彼らとは疎遠になってしまった。それどころか、大学に入って初めて誘われた合コンの席の自己紹介で、

「自公保(当時は、自民・公明・保守党)連立政権を皆さんいかが思うか。公明党が清和会の小泉内閣と連立をし続けるのは、"平和と福祉の党"を標榜する同党の党是と反するものである。このまま公明党は自民党に追従していてよいと考えるか」

などという大演説をぶってしまったため、二度と合コンに呼ばれなくなった。国際連盟を脱退した松岡外交の如く完全に孤立した私は、学部一年生後半で大学中退の意志を固めつつ大阪の映画学校に通う段になったが、結局その学校を中退してしまい、またも大学にUターンする羽目に相成ったのである。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

ニュース速報

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

ワールド

北朝鮮外相、米との接触「時間の浪費」と一蹴

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中