コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

大聖堂崩落が告げる「欧州の終焉」......しかし西欧的価値観の輝きは永遠に

<大聖堂崩落と欧州議会の極右化で「西洋の没落」は確定か――それでも人間中心主義と民主主義は死なず> 4月15日、フランスの首都パリのノートル

2019.05.17 
外交官の万華鏡 河東哲夫

金の切れ目が縁の切れ目、中国「一帯一路」夢のあとさき

<100カ国以上を招き中世のモンゴル帝国さながらの中国主導経済圏構想は、厳しい投資環境と外貨不足でもはや息切れ> 中国の首都北京で4月25~

2019.05.03
外交官の万華鏡 河東哲夫

ロシアの軍事的挑発と脆弱な経済──プーチン政権カウントダウン

<「なめるなよ」と管を巻く危うい酔態はロシアの伝統? ベネズエラ派兵のパフォーマンスに見るロシアの命脈> 3月23日、ロシアはベネズエラに輸

2019.04.13
外交官の万華鏡 河東哲夫

国家元首かアイドルか......人権なき「天皇制」の未来は

<「万世一系」と敗戦処理により酷で半端な存在に? 天皇退位を前に考えるタブーなき改革案> 今上天皇の生前退位が4月末に迫るなか、この機会に天

2019.03.28
外交官の万華鏡 河東哲夫

世界を支配するのは、米軍でも米ドルでもなく「米国法」

<世界を畏怖させるトランプの剛腕とワシントンの慣性――国際法でもないアメリカ法がなぜ世界を締め上げるのか> 今の世界は、「トランプのアメリカ

2019.03.16
外交官の万華鏡 河東哲夫

米中対立時代のサバイバル術──日本流「二股」戦術も限界か

<米政権の関税引き上げで中国の「輸出基地」モデルは終焉――それでも13億人の巨大市場の吸引力は断ち切れない> 90年代、冷戦終結で世界経済は

2019.03.05
外交官の万華鏡 河東哲夫

「やっかいな隣人」韓国のトリセツ

<南北接近で日米韓の連携が崩れる時代――パワーポリティクスの東アジアを生き延びる術> 日韓の関係は、浮き沈みを繰り返すもの。98年からの韓国

2019.02.14
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランプ「対中カード」外交で捨て駒にされる台湾

<再統一を迫る中国と武器供与で対抗するアメリカ――住民が米中対立の犠牲にならないために日本ができること> 台湾というと、日本もアメリカも「対

2019.02.05
外交官の万華鏡 河東哲夫

米中去って日本の出番、今年の好機は東南アジアにあり

<内向きの米政治と下向きの中国経済が東南アジアを直撃......日本はオーストラリアや韓国と共に空白を埋める好機> 東南アジアは30年くらい

2019.01.19
外交官の万華鏡 河東哲夫

安倍晋三の名を歴史に残すために必要なのは「遺産」ではない

<改元、選挙、増税という3つの節目を迎える2019年の日本。鈍感力で難局を乗り切る安倍政権は、憲法改正や平和条約締結といった「レガシー」形成

2019.01.04

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!