最新記事

サッカー

「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで起こした「革命」と、現地の評判

2021年12月4日(土)13時13分
木崎伸也(スポーツライター)
本田圭佑

ANP SPORTS/GETTY IMAGES

<パス回しのパターンは4つだけ、「ミスをしたらガッツボーズを」。カンボジア代表の実質的な監督を務める本田圭佑が献身の先に見据える未来とは>

プノンペンで本田圭佑(35)と食事をしていると、現地の人がこう話し掛けるのをよく目にする。

「カンボジアを助けてくれて、本当にありがとう」

本田がサッカーカンボジア代表の実質的な監督(正式な肩書はゼネラルマネジャー)に就任したのは2018年8月のこと。FIFA(国際サッカー連盟)が定める指導者ライセンスを持っておらず、現役選手を続けながらの「二足のわらじ」のため当初は疑問視する声が上がった。

だが、本田は結果で批判を跳ね返した。19年にワールドカップ(W杯)2次予選で同国史上初めて勝ち点を挙げ、東南アジア競技大会(東南アジア版の五輪)では初めてベスト4に進出。カンボジアサッカー協会から高く評価され、今年3月、契約を23年まで延長した。

選手からの信頼も厚い。21歳のMFシン・カカダはこう感謝する。「ケイスケはものすごい情熱家で、僕たちに欧州トップの知識や経験を伝えてくれた。おかげでプロとは何かを知れた。何より、カンボジアの存在を他国に知らしめてくれたことがうれしい」

カンボジアは約20年にわたる内戦によって経済成長が遅れ、東南アジアの他国にコンプレックスを抱いている。そんななか、ACミランの元10番が来てくれたのだ。20歳のDFユエ・サフィも「ケイスケが僕たちの注目度を上げてくれた」と喜んでいる。

選手目線の指導を心掛ける

当然、カリスマ性だけで勝てるほど甘くない。選手の潜在能力を引き出すべく、本田は「選手目線」の指導を心掛けたと言う。「ダメな監督でありがちなのが、戦術を詰め込みすぎてしまうこと。それでは選手が混乱するだけ。物事を整理し、何をすべきかを絞って伝えるべきなんです」

例えば攻撃では、パス回しのパターンを4つしか教えない。練習ではそれらを身に付けることに集中する。すると短時間でも共通理解が生まれ、迷わずにプレーできるようになる。今年10月のU23(23歳以下)アジアカップ予選の香港戦では、まさにそのパターンから先制点が決まった。

また、本田は常々「ミスをしたらガッツポーズをしよう」と呼び掛けている。「よくミスをしたら怒鳴り散らす監督がいるんですが、マネジメントとして最悪。失敗しても次に生かせばいいんですよ。ミスできる雰囲気をつくることも監督の仕事の1つです」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月