最新記事

米社会

デモ参加者射殺の18歳「無罪評決」でアメリカの分断がさらに広がる

The Implications of Kenosha

2021年11月29日(月)19時25分
アイマン・イスマイル

211207P42_BKU_02.jpg

昨年8月、銃を手に「自警団」気取りでケノーシャに乗り込んだカイル・リッテンハウス(写真の左) AP/AFLO

一方で「敵の報復」を恐れる極右もいて、彼らの警戒感は無罪評決で一層高まったと、クラークはみる。

「私が懸念しているのは、むしろそうした感情だ。それは以前からあったが、無罪評決で一段と強まった。リッテンハウスの有罪を主張する人たち、特にBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動の支持者たちが何らかの報復に出る、という警戒感だ」

ウィスコンシン州では11月21日にクリスマスパレードに車が突っ込む惨事が起きたが、この事件は一部の極右を震え上がらせた。

「容疑者が黒人で、被害者はおおむね白人だったため、これは黒人の逆襲に違いないと、極右は受け止めたのだ」と、ホルトは説明する。

この事件で逮捕された男は家庭内トラブルの通報があった現場から逃走中だったと警察が発表したが、その時には既に彼とリッテンハウスを結び付けるプロパガンダが広がっていた。

「彼らは(黒人や左派が)自分たちを襲撃すると思い込んでいる」と、ホルトは言う。

さらに始末の悪いことに、極右は「(敵に狙われやすい)イベントに積極的に参加して、『正当防衛の状況』に進んで身を置くことが愛国的な行為だと思い込んでいる」のだ。

必要なのは冷静な対応

いま警戒すべきはそうした右派の「愛国的行為」だと、ホルトはみている。

「リッテンハウスが保守系メディアにもてはやされ、ヒーロー扱いされると、それに憧れてまねをする連中が出てくる。特に自己顕示欲や承認欲求が強い若者は『俺もああなりたい』と思うだろう」

一方で、ホルトは左派の反応も懸念する。

「(極右の)銃撃に備えて銃で武装してデモに参加する人が増えれば、(平和的なデモであっても)一触即発の危険が高まる」

クラークも同意見だ。

「軍拡競争を研究してきた私には断言できる。両陣営で銃を持つ必要性を感じる人が増えれば、身を守れるどころか誰もが危険にさらされる」

ホルトもクラークもそうした事態を危惧しているが、左派活動家がすぐにも対応を迫られるような差し迫った脅威はないと口をそろえる。

無罪評決を受けて、右派が祝賀ムードに沸くなか、米銃所有者協会は新しいAR15攻撃用ライフルをリッテンハウスに贈呈すると発表。またリッテンハウスはドナルド・トランプ前大統領に会うためにフロリダ州の別荘を訪れ、温かなもてなしを受けた。

この状況では左派が極右の襲撃を警戒するのは当然だ。

しかし被害妄想に陥るべきではないとホルトはクギを刺す。

「私は人々の恐怖をあおろうとは思わない。危険を察知し準備するのはいいが、疑心暗鬼になるのは考えものだ」

相手がのぼせ上がっているときほど、冷静な対応が求められる、ということだ。

©2021 The Slate Group

 20220524issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月24日号(5月17日発売)は「歴史で読み解く ロシア超入門」特集。ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義。政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を知る


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

ビジネス

ECB、物価高を懸念 引き締めペースが唯一の議題=

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 継続受給は196

ビジネス

5月米フィラデルフィア連銀業況指数は2.6、2年ぶ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月