最新記事

東南アジア

ASEAN、首脳会議へのミャンマー軍司令官参加拒否 緊急外相会議で合意

2021年10月16日(土)18時54分
大塚智彦
ミャンマー軍政トップのミン・アウン・フライン国軍司令官

ASEANからも「NO」を突きつけられたミャンマー軍政トップのミン・アウン・フライン国軍司令官 Jorge Silva - REUTERS

<内政不干渉の原則をもつASEANだが、膠着状態打開に強力なカードを切った──>

東南アジア諸国連合(ASEAN)は10月15日、オンラインで開催した緊急外相会議で、月末に開かれるASEAN首脳会議にミャンマーの軍政トップであるミン・アウン・フライン国軍司令官の参加を認めないことで合意した。ASEAN議長国であるブルネイが16日に声明を発表して合意を明らかにした。

合意内容に関して今後ミャンマー側の反発がさらに強まり、ASEANによるミャンマー問題への仲介・調停が一層困難に直面する可能性が高くなった。

ブルネイによると外相会議では満場一致でミン・アウン・フライン国軍司令官の10月26日のASEAN首脳会議への参加を認めず、その代理として政治色のない非政治的代表の参加に関しては認めることでも合意したとしている。

この「政治色の薄い人物」は外務省関係者などを想定しているとみられるが、ミャンマー側がこの合意を受け入れるかどうかについては現段階では明らかになっていない。

今回の合意に至った背景にはミャンマー問題解決の道筋を見出すために特使を派遣し、滞在中にアウン・サン・スー・チー氏を含めた全ての関係者との話し合いを実現したいASEAN側に対して、軍政が「(スー・チー氏のような)刑事裁判の被告との面会を認める国などない」と強く反発。訪問は延期され交渉が暗礁に乗り上げていたという経緯がある。

4月の会議での5項目合意履行を要求

これまでASEAN側は、4月24日にインドネシア・ジャカルタで開催された臨時首脳会議で合意された5項目の早期履行を求め続けてきた。

この時の首脳会議にはミン・アウン・フライン国軍司令官がミャンマーを代表する「首脳格」として参加。会議で協議された身柄を拘束されているスー・チー氏の「即時釈放」は合意に盛り込むことができなかった経緯がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国輸出、11月は前年比+22%に減速 輸入は伸び

ビジネス

中国人民銀、農村・小規模企業向け再貸出金利を0.2

ビジネス

中国恒大の香港株が7%超上昇、再編近付く

ビジネス

旧村上ファンド系、新生銀株の保有比率9.16%に 

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月