最新記事

英王室

メーガンの告白は視聴者数でダイアナに遠く及ばず

Meghan Markle's Oprah Interview Watched by Only Half as Many People as Princess Diana's

2021年3月10日(水)18時15分
エマ・ノーラン
ダイアナ元妃 事故死

事故死したダイアナ元妃の葬儀前日、ケンジントン宮殿の門には追悼の花束が手向けられた(1997年9月5日)Kevin Lamarque-REUTERS

<英王室で差別があったと暴露したメーガン妃のインタビューは、1995年のダイアナ元妃の衝撃告白を思い起こさせるものだったが>

オプラ・ウィンフリーによるヘンリー王子とメーガン妃のインタビューが英米両国で放映され、マスコミの話題を独占している。おかげで英王室とイギリスのマスコミは大いなる注目を浴び、同時に論争の渦に巻き込まれた。

インタビューの達人ウィンフリーに導かれて、バッキンガム宮殿内の人種差別と自殺を考えた苦しみを打ち明けたメーガン妃に世界中の人々が同情し、理解を示した。

このインタビューについて、ダイアナ元妃が亡くなる2年前に赤裸々な本音を語った1995年のインタビューとの多くの類似点が指摘されている。

7日に米CBSでメーガン妃とヘンリー王子のインタビューが放映された翌日、王室について語るダイアナ元妃の動画がインターネット上で急速に拡散された。英王室に嫁ぎ、その後タブロイド紙やパパラッチに執拗に追い回されることになった2人の女性の類似点に人々が気づいたからだ。

BBCの報道番組「パノラマ」で、ダイアナ元妃は王室の一員であることの苦難について語った。

「私が女王になることは、多くの人が望んでいなかったと思う」と、ヘンリー王子の母であるダイアナは語った。 「多くの人というのは、私が嫁いだエスタブリッシュメント(王室)のこと。王室は私のことを、だめな人だと決めつけた」

イギリスでの視聴者数は半分

今週は全世界がヘンリー王子とメーガン妃の話題でもちきりのように見えるが、実はCBSのインタビュー番組の視聴者数は、ダイアナ元妃の番組の半分でしかない。

ニールセン・メディア・リサーチの高速集計調査によると、7日夜にCBSで放映されたときの視聴者数は平均1714万人だった。

その後、8日夜にイギリスのITVで放映されたときは、1130万人が視聴した。そのうち220万人が同局の配信プラットフォームであるITVハブで視聴したという。

しかし、イギリスの視聴率測定・運営団体BARB が発表した数字によれば、ダイアナ元妃が出演した26年前のBBCの「パノラマ」特別版の視聴者は2278万人に達していた。

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月