注目のキーワード

英王室

ニューズウィーク日本版『英王室』に関する記事一覧

        
カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由
for WOMAN

カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

<カナダを訪問したカミラ夫人が持っていたバッグに注目集まる。「C」が重なり合ったロゴマークが連想させ...

2022.05.21
        
キャサリン妃私設秘書アシスタントの求人がLinkedinに掲載中 気になる年俸は...
for WOMAN

キャサリン妃私設秘書アシスタントの求人がLinkedinに掲載中 気になる年俸は...

<7日前に掲載されたこの求人には、すでに200人以上が応募している> ビジネス特化型SNSのLin...

2022.05.10
エリザベス女王、議会開会式を約60年ぶりに欠席 移動の問題が理由
英王室

エリザベス女王、議会開会式を約60年ぶりに欠席 移動の問題が理由

英王室は9日、エリザベス女王(96)が10日の議会開会式を欠席すると発表した。一時的な移動の問題が理...

2022.05.10
不倫、横領、収賄、不仲──日英どころじゃない「醜聞」続々の王室とは?
スキャンダル

不倫、横領、収賄、不仲──日英どころじゃない「醜聞」続々の王室とは?

<前国王は不正疑惑の渦中で国外に亡命し、現在の王室メンバーも次々とスキャンダルを起こし、国民からの信...

2022.05.05
エリザベス女王の「バービー人形」、シワひとつないモデル体型の姿に賛否の声
英王室

エリザベス女王の「バービー人形」、シワひとつないモデル体型の姿に賛否の声

<女王への最高の賛辞との評価の一方、96歳という年齢相応の老化の兆候が一切表現されておらず「誤ったメ...

2022.04.22
        
ダイアナ妃の「スカート丈」、人生の浮き沈みに比例した「変遷」を振り返る
for WOMAN

ダイアナ妃の「スカート丈」、人生の浮き沈みに比例した「変遷」を振り返る

<保守的だった新婚時代から、離婚直前の「リベンジドレス」、さらには自由を手にした後の「彼女らしい」ス...

2022.04.16
        
チャールズ皇太子はウィリアム王子のために身を引くべき=英調査
for WOMAN

チャールズ皇太子はウィリアム王子のために身を引くべき=英調査

<英国人のほぼ半数が、ウィリアム王子が王になるためにチャールズ皇太子は身を引くべきだと考えていること...

2022.04.10
        
「エリザベス女王はジャマイカではなく英国の女王だ」 英連邦加盟国で国家元首解任プロセスは既に始まっている
for WOMAN

「エリザベス女王はジャマイカではなく英国の女王だ」 英連邦加盟国で国家元首解任プロセスは既に始まっている

<祖先に対して行われた残虐行為、そしてこの歴史から始まり、今日我々に対して続いている暴虐に対する正義...

2022.04.08
        
エリザベス女王との昼食会で犬用おやつを食べた閣僚がいたことが発覚
for WOMAN

エリザベス女王との昼食会で犬用おやつを食べた閣僚がいたことが発覚

<女王のコーギーのものだと気付くことなく食べ終え、「特にチーズと珍しいビスケットが美味しかった」と語...

2022.03.18
        
95歳のエリザベス女王がコロナ感染しても働き続ける理由
Edge of Europe コリン・ジョイス

95歳のエリザベス女王がコロナ感染しても働き続ける理由

<新型コロナウイルスに感染しても「軽い公務」を行っていたという英エリザベス女王。そこまでして働き続け...

2022.03.03

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice