最新記事

スポーツ

韓国では自治体もサポート パリ五輪から正式採用でブレイクダンスに注目

2021年1月6日(水)20時10分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

2024年パリ・オリンピックで追加される新種目として注目を集める「ブレイクダンス」 Carlos Barria - REUTERS

<時代に合わせてオリンピックにも次々と新しい競技が登場>

本来なら昨年、第32回オリンピック競技大会が東京にて行われるはずだった。しかし、コロナウイルスの世界的感染拡大で今年に延期された。しかしコロナの感染第3波で東京をはじめ首都圏では緊急事態宣言が再度発出されようとしており、東京五輪が無事に開催できるかどうか、世界が注目している。

一方、東京オリンピック・パラリンピックでは新たな競技が7種目も追加される点も関心を集めていた。日本で人気の高い「野球」や「空手」はもちろん、若者に人気のある「スケートボード」「サーフィン」。さらに、昨今ボルダリングが人気だが「スポーツクライミング」も新種目に追加されている。

さて、東京オリンピックもまだ開催前だが、先月7日IOC国際オリンピック委員会は、2024年パリ・オリンピックで追加される新競技の発表を行った。そこで高い関心を集めた新種目が「ブレイクダンス」だ。

ブレイクダンスは、1970年代アメリカのストリートから生まれたダンスで、ブレイキンやB-boyingとも呼ばれている。アクロバティックな技が次々と生み出され、ダンサー同士のダンスバトルなども行われている。

パリ・オリンピックでのブレイクダンスが新競技追加の決定に、世界中のダンサーたちは、金メダルへの闘志を燃やしている。お隣の国、韓国でもブレイクダンスは盛んなことで有名だ。2000年頃から世界大会進出などで上位に入賞するチームが増えているため、メダルも狙える競技の新種目追加に韓国民は沸き立っている

ミュージカルなどエンタメにも

韓国ではブレイクダンスが大衆にも広く認知されている。2005年前後から、このブレイクダンス人気をエンターテイメントと融合させる動きも活発に行われてきた。若者と芸術の街であるホンデにはブレイクダンス専門劇場が登場し、世界で初めてブレイクダンスと、言葉を使わず動きや音だけでストーリーを展開し、外国人観光客にも対応したノンバーバル・パフォーマンス『クン!』を発表した。その他にも『ブレイクアウト』というブレイクダンスのコメディ舞台なども存在する。

そして、Bボーイとバレリーナの恋を描いたミュージカル『B-BOYに恋したバレリーナ』は、何度もリバイバル公演を繰り返し、なんと130カ国180万名の観客を動員しているという。世界水準のダンスはもちろん、ダンサーたちの演技も素晴らしく、さらに題材もいじめや疎外感など若者が共感する内容になっているのが成功の要因だろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月