最新記事

ドイツ

新型コロナ重症患者を安楽死させた医師が逮捕 ドイツ

2020年11月25日(水)18時50分
モーゲンスタン陽子

ドイツでは、安楽死は非常に繊細な話題とされている...... (写真は関係がありません) chayakorn lotongkum-iStock

<ドイツで、薬物によって2人の新型コロナ重症患者を安楽死させた容疑で44歳の主治医が逮捕、殺人罪で起訴された......>

ドイツのエッセン大学病院で今月、薬物によって2人の新型コロナ重症患者を安楽死させた容疑で44歳の主治医が逮捕、殺人罪で起訴された。市民のあいだにショックが広まっている。

医師の素性に疑念も

医師は今月13日と17日、新型コロナ病棟の47歳のオランダ人男性と50歳の男性に「苦しみから救うため」大量の薬剤を投与したと言われている。2人の死に疑念を抱いた病院側が警察に通報、医師は18日に逮捕された。現在医師は2件中1件のみを認め、情報を提供したという。患者と家族の痛みと苦しみを終えたかったと供述している。

WDR(西ドイツ放送)によると、医師は今年2月に採用され、数回の個人面談のあと新型コロナ病棟勤務となった。当病院で麻酔科医として勤務する以前は心臓外科医として別の病院に勤めていたが、同僚へのセクハラ疑惑で転院を余儀なくされたという。また、精神的な不安定さも長年知られていたようだ。

エッセン大学病院は23日の声明で遺族への追悼を述べるとともに非常な衝撃を受けていると表明、警察の捜査に全面的に協力すると明言した。

医師の独断では不可

第二次世界大戦中に薬剤による大量虐殺の歴史のあるドイツでは、安楽死は非常に繊細な話題とされている。2015年に採決されたドイツ刑法217条により自殺や安楽死などいかなる死の幇助も一旦禁止されたが、昨年よりふたたび、状況により許可されるようになっていた。

だが、通常これは一医師の独断ではなくチームとして判断されるものであり、また患者への十分な情報提供、セカンドオピニオンの考慮など、さまざまな手順が必要とされる。しかしながら本件の2名の患者は重症であり、合意のための対話が行われることはなかった。

弁護団は現在、同院でこの医師と関連付けられるケースが他にもなかったかどうか調査を進めている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット 中国「対話と協力

ビジネス

ブラックロック連合、サウジアラムコのパイプラインを

ビジネス

日経平均は急反発、オミクロン株への警戒感和らぎ全面

ワールド

真珠湾攻撃から80年、前夜に戦艦ユタの追悼式

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月