注目のキーワード

犯罪

ニューズウィーク日本版『犯罪』に関する記事一覧

「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦
犯罪

「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

<インド国内でも性犯罪など女性が標的となる犯罪が多いとされるウッタルプラデシュ州で、被害者を助けるは...

2022.05.07
集団セックス殺人の冤罪晴らしたノックス、子殺しで近く死刑執行の母を支援
アメリカ社会

集団セックス殺人の冤罪晴らしたノックス、子殺しで近く死刑執行の母を支援

<スキャンダラスなセックス殺人の容疑者として世界中の注目を集め、一度は有罪になったアマンダ・ノックス...

2022.04.22
バイデン、犯罪に利用される「ゴースト銃」取り締まりへ新規制発表
銃規制

バイデン、犯罪に利用される「ゴースト銃」取り締まりへ新規制発表

バイデン米大統領は11日、製造番号がなく追跡が難しい「ゴーストガン(幽霊銃)」の取り締まりに向けた新...

2022.04.12
        
ウクライナでの「戦争犯罪」に法の裁きは可能か──知っておきたい5つの知識
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

ウクライナでの「戦争犯罪」に法の裁きは可能か──知っておきたい5つの知識

<処罰することのできる「戦争犯罪などに関わった個人」には国家元首も含まれるが、プーチン大統領やロシア...

2022.04.11
女子生徒13人をレイプし妊娠させた教師に死刑判決
インドネシア

女子生徒13人をレイプし妊娠させた教師に死刑判決

<被害者のある親族は「我々は当初、終身刑と化学的去勢による処罰を望み、彼が自分の犯罪による痛みを味わ...

2022.04.06
ニューヨークの地下鉄でアジア系への露骨な口撃が撮影される
ヘイトクライム

ニューヨークの地下鉄でアジア系への露骨な口撃が撮影される

<新型コロナウイルスの流行以来、激増したアジア人差別。撮影する女性に向かい、男は「全アジア人は死ぬべ...

2022.03.14
        
ユダヤ人虐殺を描いたマンガ『マウス』を禁書に...その流れはナチスとそっくり(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

ユダヤ人虐殺を描いたマンガ『マウス』を禁書に...その流れはナチスとそっくり(パックン)

<名作『マウス』を、米テネシー州の教育委員会が禁書に指定したが、女性のヌード描写などを理由に歴史的な...

2022.02.24
人体という素材に魅入られた著名デザイナーが密輸入しようとしたとされる「特注品」とは
臓器売買

人体という素材に魅入られた著名デザイナーが密輸入しようとしたとされる「特注品」とは

<インドネシアの若きインフルエンサーでもあるこのデザイナーは、過去にも「子どもの脊椎骨を使ったハンド...

2022.02.24
30回の銀行強盗を繰り返した「エリート技術者」、その人生を狂わせたもの
米社会

30回の銀行強盗を繰り返した「エリート技術者」、その人生を狂わせたもの

<ボーイングのデザイナーだった私が転落するきっかけになったのは医師に処方された鎮痛剤。オピオイドのと...

2022.01.06
刑務所での感染拡大を防ぐため、「起訴見送り」や「釈放」も実施すべきだ
新型コロナウイルス

刑務所での感染拡大を防ぐため、「起訴見送り」や「釈放」も実施すべきだ

<常に過密状態にある刑務所・拘置所は新型コロナのクラスターの温床だ。新たな流行を防ぐには3本立ての施...

2022.01.06

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice