最新記事

ドイツ

極右、反ワクチン、家族連れが入り乱れる奇妙なドイツのコロナ対策抗議デモ

2020年9月10日(木)16時30分
モーゲンスタン陽子

コロナ対策としての活動制限に抗議する人々が国会議事堂前で警察官と乱闘騒ぎに REUTERS/Christian Mang

<8月にベルリンで行われた2つの大規模デモでは、これら極右・右翼の人々と、お年寄りや家族連れなどが一緒になって行進するというやや不思議な光景が展開された...... >

9月3日、ドイツのベルテルスマン財団により発表された調査結果によると、ドイツ政治におけるポピュリズム支持者は2018年に有権者の33%でピークに達したあと、現在は20%まで減少したという。極右政党のAfDなども年々その勢いを失っているが、支持者を失ったことで、さらに過激化することも懸念されている。

暴力の象徴に政治家たちが激怒

8月最後の土曜日、新型コロナ対策への抗議デモがふたたびベルリンで行われた。ドイツをはじめヨーロッパでは感染が急増しており、安全のためこの週末のデモは事前に禁止されていたにもかかわらず、約4万人もが集まった。参加者のほとんどがマスクをつけず、身体距離も確保しなかった。

大部分は平和的な行進だったが、極右過激派が国会議事堂に乱入しようと警察の防御ラインを突破、またロシア大使館前でも右翼過激派と警察との衝突があり、7人の警察官が負傷、200人の逮捕者が出た(ベルリン全体での逮捕者は
約300人)。

この際、右翼過激派たちは黒、白、赤のドイツ帝国(カイザーライヒ)の旗を掲げていた。これはナチスの第三帝国でも一時使用され、現在では禁止となっている鉤十字の旗の代わりに極右が好んで使用するものだ。

これらの暴動に政治家たちが激怒。メルケル首相のスポークスマンは国会議事堂における反民主主義の旗を「恥ずべき光景」と糾弾した。また月曜にはシュタインマイアー大統領が「土曜日の暴力的な暴動は極右思想が私たちの社会に深く根づいていることをまたもや浮き彫りにした」と述べ、極右を絶対に許さないよう、ドイツ国民に呼びかけた。

今回の光景は、1933年、ヒトラーが首相となった4週間後に起きた国会議事堂放火事件を彷彿とさせるとして、政治家たちがとくに敏感に反応したようだ。

いったいどういう集まりなのか

8月にベルリンで行われた2つの大規模デモでは、これら極右・右翼の人々と、お年寄りや家族連れなどが一緒になって行進するというやや不思議な光景が展開された。ベルリンを拠点とする政治・文化誌キケロも、「抗議というよりはフェスティバル」のようであり、「今まで見た中でもっとも奇妙なデモ」と述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大統領、高額薬価巡り製薬会社批判 抑制策の早期可

ワールド

自民党に岸田首相直轄の財政健全化推進本部、最高顧問

ワールド

スーチー氏への禁錮刑、好ましくない動きで懸念=松野

ワールド

米欧5首脳、ウクライナ情勢協議 ロシアの脅威に連携

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月