最新記事

流星群

吉兆か凶兆か? 平成が終わる新年の日本で「しぶんぎ座流星群」を撮影

2019年1月4日(金)17時37分
内村コースケ

長野県・蓼科山と白樺湖を望む夜空に見えた「しぶんぎ座流星群」=2019年1月4日午前5時25分〜41分(内村コースケ撮影)

<2019年の仕事始めとなった1月4日は、夜空を彩る天体ショーと共に明けた。毎年北半球でのみ観測できる「しぶんぎ座流星群」が、未明、晴天の夜空に恵まれた日本の太平洋側で世界に先駆けて観測された。"平成最後"の3大流星群でもあり、寒空の下、星に願いを込めた人も多かったのではないだろうか>

好条件に恵まれた今年の観測条件

「しぶんぎ座流星群」は、毎年多くの流星が安定して観測できる「3大流星群」の一つ。1月初旬の北半球でしか観測できず、ヨーロッパなどでは冬の晴天率が低いため、日本の、それも太平洋側が世界でも最も観測しやすい地域の一つだとされる。今年はさらに夜空が暗い新月前だったため、絶好の観測機会となった。

一方、「しぶんぎ座流星群」の流星の出現数は年によってかなりムラがあり、際立って流星数が増加する「極大」が数時間しかない。そのため、残る2つの3大流星群である「ペルセウス座流星群」(8月)、「ふたご座流星群」(12月)に比べて観測が難しいとされている。国立天文台によれば、通常は1時間あたり20個から50個程度の出現で、熟練の観測者によって100個程度見られた年も時々あるという。

放射点(流星が放射状に飛び出して来るように見える天球上の一点)が、現在は国際的に廃止されている「四分儀座」の近くにあるため、日本語で「しぶんぎ座流星群」、英語では「Quadrantids meteor shower」と表記される。現在の星座で言えば、その放射点は、うしかい座とりゅう座の間、北斗七星の下あたり。日本の空では概ね北東の方向だ。

今年の極大は4日午前11頃で、同日の夜明け前の2、3時間が最大の見頃と予想された。その時間帯の太平洋側の天気予報は晴れ。「しぶんぎ座流星群」との関連は不明だが、前日の未明には西日本を中心に「火球」と呼ばれる相当に明るい流星の目撃情報もあり、天文ファンの期待は高まっていた。

北八ヶ岳・蓼科山をバックに流星群を狙う

筆者は天体写真は専門外ではあるが、今年は好条件が重なりそうだったこと、平成最後の3大流星群であり、なおかつ今年の残る2つの3大流星群の観測条件はイマイチだということで、寒空の下、カメラを担いで初めて「しぶんぎ座流星群」の観測に出た。

私が住む長野県・蓼科高原は絶好の天体観測スポットだ。標高1,350mの山中にある自宅から車を観光道路・ビーナスライン沿いに15分ほど走らせ、白樺湖の先にある車山高原にある標高1,500m付近の展望駐車場へ向かった。午前1時30分ごろに到着すると、先客は1台のみ。眼前に北八ヶ岳・蓼科山があり、白樺湖を見下ろす位置にカメラを据えた。

ただ天文現象を捉えるだけではつまらないと思ったので、印象的な風景を絡めたいわゆる「星景写真」として、「しぶんぎ座流星群」を撮影したかった。放射点が北東の空だということをふまえ、北東方向にある映える景観として、この位置取りを選択した。流星群は必ずしも放射点の近くにだけ現れるわけではなく、離れた場所の方が長い光跡を描く傾向にあるとも聞いていたが、星景写真ビギナーとしては、放射点方向にカメラを向けた方が無難だろうという判断だ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月