最新記事

宇宙ベンチャー

インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げに失敗も「次につながる失敗」

2018年7月3日(火)19時30分
鳥嶋真也

同社創業者のひとりで取締役の堀江貴文(ほりえ・たかふみ)氏は、「ベンチャーではデスバレー、死の谷があるとよく言われる。ロケット開発のデスバレーはソフトウェアなどと比べると深い。米国では幾多の先人がこれを越えられず消えていった。モチベーションを保ちつつどう進めていくかが重要」と語る。

今回のような失敗は、光景こそショッキングなものではあったが、宇宙開発の黎明期にはよく見られたものだった。

いまをときめくイーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」も、最初に開発したロケットの初打ち上げでは今回のような失敗を経験。その後も2回連続で失敗するも、それを乗り越え4回の挑戦で成功。やがていまの地位を築いた。

torisima004.jpgイーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」も、最初に開発したロケットは失敗の連続だった (C) SpaceX

挑戦を続けるIST

ISTが、その死の谷を越えられるかどうかはわからない。スペースXにはマスク氏の豊富な資金力があり、さらに設立当初に米国の優秀なロケット・エンジニアを多数引き抜いたこともあって、なんとか死の谷を越えることができた。

いっぽうでISTは資金集めに苦労しており、従業員も若手が多く、経験者が不足している。さらに今後、MOMO 3号機にはじまり、その先の衛星打ち上げロケットの開発というハードルもあり、その過程でさらなる失敗も経験することになろう。

それらを乗り越えても、今度は他社との競争をこなしていかなければならない。

しかし、とにかく挑戦を続けなければ、死の谷を越えることも、さらなるハードルの前にたどり着くこともできない。今回、打ち上げに失敗したことも、次に向けたモチベーションが落ちていないということも、まさにISTが挑戦し続けているという証である。

そしてISTのみならず、すべての宇宙ベンチャーがそうした挑戦を続けられるよう、国や投資家などが資金面、技術面で支援していくことが重要になるだろう。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 3

    「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    アメリカ軍より優れる──ウクライナ内製ソフトで砲撃2…

  • 6

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 9

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 10

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

  • 3

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 4

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃…

  • 7

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で…

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月