最新記事

宇宙ベンチャー

インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げに失敗も「次につながる失敗」

2018年7月3日(火)19時30分
鳥嶋真也

「次につながる失敗」

失敗後に行われた記者会見では、まだ調査が始まったばかりで原因は不明なものの、いくつかの情報が明らかにされた。

まずロケットエンジンが燃焼を始め、機体が上昇し始めた直後に、エンジンの燃焼室の圧力が低下。さらにその後、発射から4秒後には完全に圧力がなくなり、エンジンの推力を失ったという。その結果、ロケットは墜落した。

このことから、関係者らはエンジンになんらかの問題が起きたものと推定している。

ただ、他の箇所で発生した問題が引き金となってエンジンに異常が起きた可能性もあるため、エンジンが主原因とは断定できないという。また、問題が設計に由来するものなのか、それとも製造過程(組み立てや品質など)に由来するものなのかも、断定できる情報はまだないとしている。

ちなみに同型のエンジンは、過去に40回ほど地上で燃焼試験を行っているが、こうしたことは起こらなかったという。ただ、同社では過去のデータも改めて精査するという。

また、原因究明にはIST社員のほか、外部の有識者にも協力を求めるとしている。ちなみに同社は、1号機の失敗時にも有志のロケット開発経験者の協力で原因究明を行っている。

ISTの稲川貴大(いながわ・たかひろ)社長は「明確な失敗だが、完全な失敗ではない」と強調。「完全な失敗とは『データが取れない』、『なにも残らない』ものだが、今回はデータは取れており、カメラによる記録も残り、機体の一部も残っている。原因の究明ができるため、次につながる失敗だと捉えている」と、前向きな姿勢を示した。

「現場は前向き。モチベーションは高い」

同社によると、MOMOの3号機を開発、打ち上げるのかなど、今後の計画については「現段階ではまだなにも決めていない」という。

ただ稲川氏は「大変なことがあるだろうという覚悟を決めて(ロケット開発を)始めている。現場は前向きに、次に向かっている。モチベーションは落ちていない」とし、原因究明と次の打ち上げに向けた決意を示した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米政府、「N95」マスク4億枚を無償配布 コロナ対

ビジネス

スタバ、米従業員へのワクチン接種・検査義務化を停止

ワールド

カナダ首相、ウクライナでの武力紛争勃発に懸念表明

ワールド

自然免疫、デルタ株予防でワクチン接種よりも高い効果

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場所」で見つかった

  • 3

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 6

    もはやオカルトの域を越えた 米国防総省がUFO調査局…

  • 7

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 8

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 9

    朝ドラの深津絵里がスゴい! 18歳のサッチモちゃん…

  • 10

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月