最新記事

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星「リュウグウ」

2018年6月27日(水)11時38分
鳥嶋真也

「はやぶさ2」が6月20日18時50分(日本時間)に撮影した小惑星「リュウグウ」 (C) ONCチーム : JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研

小惑星「リュウグウ」を目指し、航行を続ける小惑星探査機「はやぶさ2」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月21日、その「はやぶさ2」が撮影したリュウグウの最新画像を公開した。

初めて詳細な姿が明らかになったリュウグウは、まるでそろばんの珠のよう。関係者は間近に迫ったこの異星の探査に、期待をふくらませる。

徐々に明らかになるリュウグウの姿

2014年に地球から旅立った「はやぶさ2」は、約3年半にわたる宇宙航行を経て、まもなく目的地の小惑星リュウグウに到着しようとしている。

jaxa002.jpg

「はやぶさ2」の想像図 (C) JAXA

ところで、そのリュウグウがどんな姿かたちをしているのかは、これまで誰にもわからなかった。地球から遠く離れていることや、大きさが直径約1kmほどしかないこともあり、地上からは点としか見えず、せいぜいおおまかな大きさや色がわかる程度だった。

そんな場所へ探査機を送ろうというのだから、まるでSNSで知り合った、顔も本名も知らない恋人に会いに行く、いまどきの恋愛のような話である。

しかし、「はやぶさ2」が近づくにつれ、徐々にリュウグウの素顔が見えるようになってきた。6月上旬の時点ではまだわずか数ピクセルの点としか写らなかったが、お互いの距離が1000kmを切った中旬以降は、おぼろげながら形がわかるようになった。

そして6月20日はついに距離が100kmにまで接近。いよいよその詳細な姿が明らかになってきた。

jaxa003.jpg

徐々に明らかになるリュウグウの姿 (C) ONCチーム : JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

豪主要都市の住宅価格、第3四半期は前期比+5.0%

ワールド

北京五輪「平和の祭典として期待」、米ボイコットにコ

ワールド

ファイザーかアストラ接種後にモデルナで高い免疫反応

ビジネス

パウエルFRB議長の再任、おそらく支持=共和党上院

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月