最新記事

英王室

結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

2018年5月21日(月)16時00分
有元えり

挙式に向けたハリー王子の肉体改造も、メーガン妃効果か Dominic Lipinski-REUTERS

<トラウマをかき消すように「黒歴史」を重ねたハリー王子。遂に現れた「運命の女性」の力は果たしてどんなもの?>

世界中がこの日を待ち望んでいた――

5月19日の結婚式直前に、ハリー王子はエリザベス女王から公爵を賜わり、夫妻は晴れてサセックス公とサセックス公爵夫人となった。輝かんばかりの新しいロイヤルカップルの門出に世界中が沸き立ったが、ハリーにとっての結婚は、呪縛から解き放たれ、新しい人生を歩むための「禊」でもあった。

meghan-wedding-g01.jpg
ドレスは、英国人デザイナーのクレア・ワイト・ケラーによる「ジバンシィ」 Alexi Lubomirski

(ケンジントン宮殿の公式アカウントより)


「最後の会話は電話」突如終わりを告げた無邪気な少年時代

いたずら好きで、好奇心旺盛。次男特有の茶目っ気にあふれ、無邪気そのものだった赤毛の少年王子から笑顔が消えたのは、母ダイアナ元妃の突然の自動車事故死からだ。そのときハリーはまだ12歳だった。

昨年、ダイアナ元妃没後20年を迎えた際、ウィリアムとハリーはドキュメンタリー番組『Diana, Our Mother: Her Life and Legacy』の中で、かつてないほど饒舌にその当時の心境について語っている。

母との最後の会話は電話だった。当時、王子たちはスコットランドにある女王の私邸に滞在しており、1997年の運命の日、ダイアナ妃からの電話を兄弟そろって邪険にしてしまったという。ハリーは顔を曇らせながら証言する。

「パリからの電話でした。どんなことを実際に話したのかは覚えていないけれど、電話をとても短く済ませてしまったのを一生後悔することになってしまったっていう記憶だけは刻み込まれています」

「初めて泣いたのは葬儀の日です。その後は、一回くらいは泣いたかもしれません。だから、いまもつらい気持ちを吐き出し切れてはいません」

「まだ幼かったので、母がいないのは普通だと思うようにして成長したのです。母のことや悲しみ、心の傷を考えないようにする......。典型的なやり方なのでしょうね。嘆いても母は帰ってこないですし、考えたって、もっと辛くなるだけです」

【参考記事】ヘンリー王子が語った母の死と英王室(前編)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 7

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月