最新記事

教育

「親ガチャ」は子どもからの警告 原因は育児力格差

2021年11月04日(木)16時45分
船津徹

親に言われるまま英語学習に励み、親の期待に答えるために留学し、親が希望する世界のトップ大学に合格したことで目標を失い、さらなる学習への意欲を失ってしてしまったのです。いわゆる「燃え尽き症候群」と呼ばれる現象です。

世界中から優秀な人材が集まるアメリカのトップ大学は、入学するのも難しいですが、それ以上に卒業するのが大変です。合格後にさらに激化する世界のエリートたちとの競争に心が折れ、勉強へのモチベーションが湧かず、「自分はアメリカではやっていけない」と自信喪失してしまったのです。

裕福な家庭の子どもは質の高い教育を受けることができますが、同時にハイレベルの競争に巻き込まれます。親が「教育」に気を取られて、子どもの「心育て」を置き去りにしてしまうと、いつか経験する挫折に耐えられないのです。

たくましい心を育てることに目を向ける

現代社会を生き抜く子どもに求められるのは「たくましい心」です。勉強ができること、良い学校に合格することも重要ですが、人生の成功を決定づけるのは精神的なたくましさです。

「たくましい心」を育てるにはお金は必要ありません。また親の学歴も、職業も、住んでいる場所も関係ありません。必要なのは「親の関わり方」だけです。子どもの「自主的なやる気」を伸ばして「自信」を大きくすればいいのです。

自信が大きければ少々の挫折に負けることはありません。「自分はできる」と信じている子は、困難に立ち向かい、新しいことにチャレンジする勇気を兼ね備えています。失敗に屈せず、努力を重ねれば、どんな道を選ぼうとも、子どもが成功する確率は飛躍的に高まるのです。

つまり親の育て方次第で、どんな子どもも成功者になれますし、どれだけ才能がある子どもでも、親が育て方を間違えれば自己肯定感が低く、やる気の小さい子どもにも育ってしまうのです。

「親ガチャ」は努力したくない子どもの言い訳ではありません。子どもの人生をコントロールしようとする親、「心育て」をおろそかにする親が(世界中で)増えていることに対する、子どもからの警告であると私は捉えています。

親が最初から「この程度だ」「人並みでいい」、あるいは、「一流校に合格しなければならない」「一流企業に就職しなければならない」という前提で子育てをしていれば、子どもの「やる気」も「自信」も育つはずなどないのです。

日本の若者に「親ガチャ」が広がった理由も、「お金がないから無理」「貧乏だからよい教育ができない」「自分たちに才能がないから子どもも才能がない」「地方在住で教育機会が少ないから不利」というネガティブなバイアスを「親が」子どもに刷り込んでいるからではないでしょうか。

子どもの意思を尊重し、子どもに選択させる

親の理想の押しつけやネガティブバイアスの刷り込みなど、子ども不在の教育を続けていると「自主的なやる気」が育ちません。たくましさの源泉は、子どもが「自分の意思で」ものごとに取り組んだ時に「自分の力でできた!」という成功体験にもとづいて生まれるものです。

つまり「あれをしなさい」「これをしなさい」「勉強しなさい」「宿題やりなさい」といった命令や指示を減らし、子ども自身の選択を尊重し、親が具体的な行動を強要しなければいいのです。

このようにお伝えすると「子どもが勉強をせずにゲームばかりしている!それでも放っておくのか!」という声が聞こえてきます。そのような時は「いつ宿題するのか教えてくれる」「ゲームを何時までやるのか決めてくれる」と、子ども自身に選択させてください。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 4

    エリザベス女王の憂鬱、「健康不安説」「不人気な息…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 2

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売