最新記事

英王室

エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘の反応明かす

2018年6月20日(水)17時20分
有元えり

マウントバッテン卿(右)、先妻ペニー(中央)、婚約者のジェームズ・コイル(左) Breaking News 2018-YouTubeより

<史上初となる同性ロイヤルカップルがこの夏誕生する。女王の従弟が結婚への道のりを語った>

先月行われたハリー王子とメーガン妃のロイヤルウエディングに続き、先週16日にはダイアナ妃の姪にあたるセリア・マッコーコーデール(ダイアナ妃も着用したスペンサー家に伝わるティアラを披露!)の挙式が行われたりと、英国王室の周辺はおめでたいニュースが相次いでいるが、この夏にはもうひとつ、史上初となるロイヤルカップルが誕生する。

バイセクシャルを公表したのも英国史上初

今回の主役である55歳のアイバー・マウントバッテン卿は、ビクトリア女王の直系で玄孫にあたり、エリザベス女王の従弟という由緒正しい家柄の生まれである。母は、ロシアの国民的詩人アレクサンドル・プーシキンの孫であることから、プーシキンの子孫であることでも知られている。

1994年にペニー・マウントバッテンと結婚。3人の娘にも恵まれていたが、2011年に破局。2016年にはバイセクシャルであることをカミングアウトし、スイスのスキーリゾート地ヴェルピエで出会った、航空会社の客室サービスのディレクターを務めるジェームズ・コイル氏と交際中であることを公表していた。

そんな中、この程2人は結婚を決意したことを英デイリーメールのインタビューで明言。今夏、イングランド南西部のデヴォン州にある田園に囲まれた小さな教会で式を挙げることを明らかにしたが、マウントバッテン卿は、同性愛者でありながらも異性と結婚したことの苦悩や、娘たちへの父としての思いについても率直に語っている。

「(最初の)結婚をしたとき、ペニーを愛していましたし、今でも大好きです。家族を愛していましたし、こんな風に世界が変わるとは、夢にも思いませんでした。男性と結婚することになるなんて」

「長女のエラにこのことを話したら、『あら、パパ、大したことじゃないわ。今じゃ普通のことよ』と言っていました。こういう概念に関して、彼らは冷静でいられる世代です。自分たちの父親が当事者だと、そんなに冷静ではいられないものですが、完全に理解してくれました」

「私はこれまでのほとんどの人生を異性愛者として生きてきました。だから、仲間を持つのは普通のことではないです。素晴らしいことなのですが、いつも標準であろうとしていたので、理想の世界では妻を持つことを良しと考えていたのです」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 7

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月