最新記事

株の基礎知識

日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無視できない理由

2021年3月4日(木)17時35分
鳳ナオミ ※株の窓口より転載
テスラ

ricochet64-iStock.

<今や時価総額はトヨタの4倍。世界的に注目を集める電気自動車専業メーカーのテスラだが、投資の観点から見ると、また違った「すごさ」が見えてくる>

日本株にも影響を及ぼすテスラとは?

テスラ<TSLA>という会社をご存じでしょうか? 日本ではまだ一般にはなじみがないかもしれませんが、株式投資をしている人であれば、もちろん聞いたことがあるでしょう。アメリカ......というよりも世界で最も有名な電気自動車メーカーです。

ただ、日本の株式市場に上場しているわけではありませんし、日本国内でテスラの電気自動車が走っているところもほとんど見かけませんので、自分にはあまり関係ないと思っているかもしれません。しかし、この会社は、アメリカのみならず世界の株式市場で無視できない存在となっており、日本株投資だけをしている場合でも、横目でウォッチしておくことが大変重要になっているのです。

■テスラとは?

まず、簡単にテスラの紹介をしましょう。

電気自動車専業の自動車メーカーであるテスラは、世界における販売台数が2020年で50万台弱と、世界トップの自動車メーカーであるトヨタ自動車<7203>の販売台数(約900万台)の18分の1、売上規模では約10分の1の規模の会社です。

台数だけで言えば、スバル<7270>や三菱自動車工業<7211>の国内生産台数にも及びません。しかし、2016年の販売台数がほんの8万台弱だったことを考えると、4年で5倍以上に伸びている会社であり、とてつもなく急成長していることがわかります。

しかしながら、急激に変化している会社だけに、現在の販売の規模や水準だけでは評価が難い会社ともいえます。

■現状のテスラの大きな2つの特徴

現在のテスラの特徴といえば、以下の2点を挙げることができます。

・電気自動車の専業世界トップ
・D2Cの販売手法

規模や台数はまだ大きくはないものの、電気自動車専業というポジショニングでは他を寄せ付けず、電動車(EV+PHEV)の世界市場シェアでは約17%(2019年)とトップ。直近では2割を超えており、生産能力はすでに100万台超と、そのシェアはさらに拡大していると見込まれています。アメリカ市場だけを見れば、電気自動車の80%はテスラとなっています。

また、既存の流通網を利用せず、D2C(ダイレクト to コンシューマー)、つまり消費者に対して直接販売する方式を採用しているため、在庫を抱えないビジネスモデルとなっているのも大きな特徴です。

通常、様々な顧客の要求にこたえるために、メーカーなり販売店なりは相当程度の在庫を抱える必要がある一方で、在庫を抱えないテスラは、余計な在庫リスク及びコストを持たないのです。これは、低コストオペレーション事業戦略として、ファッションなどいくつかの業界で実践されているビジネスモデルですが、これを自動車業界で実現しているのがテスラです。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

パンデミック対応の財政・金融政策、格差や貧困を助長

ビジネス

東芝、会計処理問題で法人株主と和解 19.2億円支

ワールド

仏大統領選、共和党候補選出ペクレス氏の支持率上昇=

ワールド

米、北京冬季五輪を外交ボイコット 中国「対話と協力

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月