最新記事

株の基礎知識

株式投資にも「保険」という概念が存在する

2021年1月16日(土)11時50分
鳳ナオミ ※株の窓口より転載

機関投資家も、なにかしらのリスクヘッジを行っています。短期的な為替変動に左右されたくない、金利情勢が読めないなど、株式投資を行う上で「すべての予測を的中させるのは不可能である」という原則に基づいて、読めない・わからない要素については、投資対象への影響を最小限にするリスクヘッジを行うのです。

基本となる3つのリスクヘッジ手法

リスクは、概ね以下のように表現できます。

・ファクターの変動率 × 投資期間=リスク

ファクター(要素)は様々な事象や運用対象、例えばアメリカの経済情勢、為替、金利......などを指します。その変動率が大きくなればなるほどリスクが高まり、投資期間も長いほど様々なリスクを抱えることにつながります。

そこで、変動率を最小限に留める、あるいは投資期間を短くすることで、リスクを減らすことはできるのですが、現実には、株価を動かすファクターは無数にあり、長期保有もしばしばあるので、結果的に投資には常にリスクが付きまとう、ということになるのです。

もちろん、全てのリスクをコントロールすることは不可能なので、考えられるリスクを想定しながら、ヘッジすべきか、そうでないかを考えることになります。

具体的なリスクヘッジの方法としては、以下の3つが代表的です。

(1)時間を分散する(積み立て)

時間の分散によるリスクヘッジは、いわゆる積み立てです。なかでも代表的な手法として知られる「ドルコスト平均法」は、等金額を一定期間ごとに積み立てる投資法です。

このドルコスト平均法では、運用対象の価格が高いときは少なめの数量、価格が安いときは大きめの数量を取得することで、平均での投資コストを最小化します。投資金額を時間で分散することで、局面ごとのリスク回避につながるということです。

つみたてNISAなどで知られる手法も、時間リスクをヘッジしているといえます。

(2)ファクターヘッジ

ファクターヘッジは、投資対象の株価変動に関わる主要な要素(業績、経営等)以外の要素による影響を抑えるため、リスクヘッジ用に別な投資を行う手法です。

例えば、円高になると株価が下がる可能性が大きい場合、円高でリターンを得られる投資を併用することで(円高で株価が上がる銘柄も保有する、FXも運用するなど)、円高リスクに備えるのです。市場全体の下落の影響を避けたい場合には、市場急落に備えた投資(先物ショート、インバースETF、空売り等々)を併用します。

その他にも、経済紛争や政情不安、他国の株式市場の急変なども、その恐れがあると想定した場合にヘッジが可能であれば、そのファクターを打ち消すような投資行動を併用することで、不用意なリスクを回避することになります。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国、CO2排出削減で行動計画発表 2030年まで

ワールド

軍が実権掌握のスーダン、通信寸断 市民生活に深刻な

ビジネス

ヒースロー空港、航空旅客の完全回復は2026年以降

ビジネス

日本電産、家電向け好調で上方修正 円安も追い風

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月