コラム

ワクチン「3回目」戦略をどうするか

2021年11月17日(水)14時00分

アメリカでは3回目のワクチン接種がスタートした Brian Snyder-REUTERS

<ワクチン接種率の高い国、地域でも感染リバウンドが起きているので、日本も油断はできない>

新型コロナウイルスのワクチンは、接種後6カ月を経過すると免疫力が低下することから、「3回目」の接種を行う国が増えています。アメリカの場合、当初は65歳以上の高齢者や、基礎疾患のある人、医療従事者などを優先して「3回目」の接種をスタートしました。

ですが、ここへ来て拡大方針が決まり、11月16日には「18歳以上の全員」について、2回目接種から「6カ月」を経過した時点で「3回目」が接種できることになりました。

この「全員に3回目」という方針ですが、背景として2つの問題があります。

1つは、ここへ来て再び感染数がジワジワ拡大しているという問題です。私の住むニュージャージー州の場合は、ここ数カ月、1日の新規陽性者は1000人程度で増えもせず、減りもせずという感じでした。また、州政府の発表する「実効再生産数(1人が何人に感染させたか?)も0.9から0.98といったレベルであり、落ち着いた動きを見せていました。

ですが、先週あたりから新規陽性者は1300といった水準の日が増え、また実効再生産数も1を超えるようになってきました。一方で、もっと北のバーモント州では、ワクチンの接種率が72%と「全米一」を誇っているにもかかわらず、ここへ来て感染者が急増しています。全米の数字でも先週は先々週と比較すると、新規陽性者が11%増となっているのです。

欧米での感染リバウンド

この増加の原因としては、1)ワクチン未接種者の間での感染拡大、2)気温の降下による季節要因、3)ほぼ完全な経済社会活動の再開、といった要素が複合した結果ということが言えますが、これに加えて、4)3月以前に接種した人の免疫力低下、という問題も影響しているという考え方があります。

いずれにしても、アメリカでも欧州でも「新型の変異株」が出現したわけでもないのに、感染がリバウンドしているという事実は重く受け止める必要があると思います。

これを受けて、ワクチン肯定派の人々の間では、早く「3回目を」という要望があります。また大局的に見ても、高齢者の免疫力を維持して、次の大きな「波」(アメリカにとっては第5波)を防止するためにも、「3回目」の対象が全員に拡大されたと言えます。

もう1つの問題としては、WHOにしても、米CDCにしても、「3回目」よりは、「1回目、2回目」の接種率をとにかく向上すべきであり、限りあるワクチンをどんどん「3回目」に投入すべきでは「ない」という考え方がありました。

こちらの問題ですが、先進国の場合は「接種率があるレベルで頭打ちになる」現象が各国で見られており、そこからは、政府が強く推奨してもなかなか接種が進まないわけです。欧州の一部では、かなり強めの「強制」に踏み切っていますが、さすがに「ワクチン問題による政治的分断」が問題になっているアメリカの場合は、そこまではできません。ですから、かなりの量を「3回目」に回せるようになってきたのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中