コラム

ブログ闇将軍となったトランプ、その不穏な影響力

2021年05月12日(水)14時30分

最近トランプの名前を聞く機会は非常に少なくなっていたが Joe Skipper-REUTERS

<バイデン政権が政策で挫折すれば、トランプが一気に攻勢を強めてくる可能性はある>

バイデン政権が発足して「最初の100日」が経過するする中、「ドナルド・トランプ」という名前を聞く機会は、非常に少なくなりました。トランプの存在感低下には理由があります。地上波テレビ、主要新聞などが取り上げなくなっただけでなく、SNSの発信を「禁止」されているからです。

トランプは、SNSとりわけツイッターを駆使する政治家として著名です。ところが、2021年1月6日にトランプ派が議会に乱入して暴力行為を働き、警官を殺害するという事件が発生すると、ツイッター社を含むSNS各社は、トランプを「永久追放」にしました。

トランプ側は政治的な弾圧だと怒っていますが、直接的に暴力を扇動したのは事実であり、また今後もその可能性があるということから、SNSやテックの各社は強硬な姿勢を取っています。

そんなわけで退任後は静かにしていたトランプですが、2022年の中間選挙まで1年半のタイミングとなったこの5月より、「ブログ」という形での情報発信を開始しました。これは、「ドナルドJトランプ・ドットコム」の中の「DESK」というページです。「トランプのDESK(執務机)から」と銘打って、ここに気の向くままにショートメッセージを掲載して、支持者に訴えようというのです。

下院共和党議員団を動かす

ツイッター時代と比較すると、ウェブの専門家によれば、ブログによる発信の影響力は数量的には2桁ぐらい小さい数字になっているそうです。しかし、他でもない「ドナルド・トランプ」がリアルタイムでメッセージ発信を始めたということの意味合いは大きく、早速効果が出てきました。

例えば、トランプの一言が、下院共和党の議員団を動かしつつある、そんな事例が出ています。

下院共和党議員団というのは、2022年の中間選挙において最も注目される集団と言っていいでしょう。とにかく、下院は2年ごとに全員改選ですから、最新の民意が反映します。人口で割り振られた小選挙区制は、基本的には現職が有利になっていますが、選挙戦のゆくえ次第では共和党が民主党を破って過半数を奪還する可能性もあると言われています。

そんな中で、議員団の全体としてはある悩みを抱えています。それは、2022年の時点でトランプはどの程度の影響力を持っているのか、という悩みです。もしも影響力を保持しているのなら、トランプ派を敵に回しては選挙には勝てません。一方で、無党派層には1月6日の暴力事件への批判があり、仮に無党派層を敵に回すと選挙戦は不利になります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

北朝鮮外相、米との接触「時間の浪費」と一蹴

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中