最新記事

シリーズ日本再発見

『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を戦い抜け

Lots of Fighting Fun but Not Kurosawa

2020年08月11日(火)17時00分
アンドルー・ウェーレン

物語の舞台となる対馬の風景は美しく描き込まれている SUCKER PUNCH PRODUCTIONS/SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT

<日本の中世が舞台の新作アクションゲームは、映像美と操作性が魅力だが黒澤映画の高みには届かず>

プレイステーション4用ゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』の舞台は13世紀の日本だ。主人公のサムライ・境井仁は、農民や武士から仲間を募り、対馬に上陸したモンゴル軍の撃退と大将であるコトゥン・ハーンの打倒、そしてさらわれた志村家当主で地頭でもある伯父の奪還を目指す。開発したのはアメリカのゲーム開発会社サッカーパンチ・プロダクションズだ。

一風変わったアクションゲームだ。舞台となる世界はいわゆる「オープンワールド」で、自由に動き回って探索が可能。プレーヤー自身が自由に遊び方を開拓していく「サンドボックス」と呼ばれるタイプのゲームではないものの、ミッションをこなし敵と戦う以外にも、マップ上には訪ねる場所ややることがたくさんちりばめられている。

ゲームのクリアに必要なのは探索とミッションの遂行、村や陣地をモンゴル軍から解放することの積み重ねだが、それと並行して境井の戦闘力や装備も向上させなければならない。それ自体はこのジャンルのゲームとしては珍しくないが、本作はあたかも流れるようにゲームの進行が調整され、オープンワールドという特徴を巧みに生かすことで、これまでのゲームとは一線を画す仕上がりとなっている。

アイテムや武器や薬の素材集めといった、このジャンルのゲームにありがちな作業もこなす必要がある。時間をかけて鉄や金や竹や麻などを集めなければならないのだが、このあたりも驚くくらいすっきりした作りになっていて、面倒くささを感じさせない。

ゲーム内には、このジャンルの進化版と言っていいくらい革新的で洗練された要素もある。その一例が、進むべき方向を風などの映像表現で示す手法の採用だ。おかげで画面の隅にあるミニマップを横目で見なくても正しい方向に進めるようになった。

敵との戦闘がこれまたよくできている。操作のバランスがよく練られている上に、努力すれば熟達は可能。メインストーリーの終盤にはほとんど向かうところ敵なしの状態になるはずだ。

ただし一騎打ちとなると話は別。基本戦法は同じなのだが、多くの敵と戦う場合に比べて動きの正確さが求められる。映画のクライマックスにふさわしいような場所(滝や墓地、スイレンの咲き乱れる池など)を舞台に、それまで広角レンズの視点だった画面が一転、戦う2人がクローズアップされる。

正確に相手の攻撃を避けたり防いだりしないと容赦なく倒されてしまう。単にボタンを連打するとか、前にうまくいったからといって同じ戦術に頼っていては勝てない。プレーヤー自身の「戦闘力」を磨く機会にもなっている。

中途半端な「黒澤モード」

重要な軍事作戦やかなりの数のサイドミッションを完了しても、やることはまだたくさん残っている。温泉や神社に行くもよし、歌を詠んだり竹を切るミッションもある。マップ上には足を踏み入れていない地域も残っているから、そこには制圧すべき敵の陣地があるかもしれない。

オープンワールドではあるものの、周囲の環境への働き掛けがあまりできないのは残念だ。竹林で周囲の竹を切ることもできないし、そこらの家の中に入ることもできない。生き生きと描かれた書き割りのようなものだが、この限界さえ受け入れてしまえば、素晴らしい品質の映像美であることに間違いはない。

<関連記事:米出版界を震撼させる楳図かずおの傑作ホラー『漂流教室』

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中