最新記事

シリーズ日本再発見

日本のレゴ愛好家はどんな人たちで、何人くらいいるのか?

Fan Creations

2018年08月31日(金)18時15分
森田優介(本誌記者)

Newsweek Japan

<今年はレゴ誕生60周年。世界中で愛されるレゴブロックにはディープなファンコミュニティーがあるが、その実態とは? 日本で活躍する6人にスポットライトを当てて紹介する>

2018年はレゴブロック誕生60周年。子供向けブロック玩具として1958年に誕生したレゴは、今やそれだけにとどまらず、アート作品となり、映画やテーマパークに姿を変え、スター・ウォーズやハリー・ポッターの世界を再現してきた。

そして何より、子供から大人まで、レゴを愛する人を世界中に増やしてきた。

レゴはもちろん1人でも楽しめる娯楽だが、これだけ世界に愛好家がいれば当然、コミュニティーが生まれるもの。コミュニティーに加われば、情報が手に入り、テクニックを研鑽でき、趣味の仲間を得ることができる。

現在、レゴ・グループが認めるコミュニティーは世界に334。同社は、認定レゴユーザーグループ、認定レゴファンメディア、認定レゴオンラインコミュニティーの3つに分類している。こうしたファンたちとの関わりを統括するのは、デンマークのビルン、米コネチカット州のエンフィールド、中国の上海の3拠点だ。

では、日本はどうかというと、レゴユーザーグループ(LUG)が5つあるだけ。レゴファンメディアとレゴオンラインコミュニティーに分類されるコミュニティーはないという。

日本の5つのLUGは、関西レゴユーザーグループ(Kansai LUG)、ジャパン・レゴユーザーグループ(J-LUG)、大阪大学レゴ部(Osaka University LUG)、ジャパン・トレイン・レゴユーザーグループ(JT-LUG)、そしてJP-LUG桜(JP-LUG Sakura)だ。それでも、メンバーは合わせて約400人もいる(2018年初頭現在)。

もちろん、この他にもレゴ・グループが認定していないコミュニティーやグループが無数にあり、さらにはどのコミュニティーにも加わっていない愛好家がたくさんいるだろう。実際、今年6月に神戸で開かれた「ジャパン ブリックフェスト」という大規模イベントには、開催した関西LUGによれば、4000人もの親子が集まったという。

ただ作品をつくるだけでなく、SNSで発表したり、イベントや教室を運営したり......と、さまざまな活動を行う大人のレゴファン(略称AFOL)たち。生み出す作品も、活動のスタイルも千差万別だが、共通しているのは「本気のレゴ愛」だ。

ここでは、日本で活躍するAFOLの中から厳選した6人を、その作品とともに紹介しよう。

※レゴブロック誕生60年を記念し、本誌は特別編集ムック「レゴのすべて」を8月31日に発売。その歴史から製造現場の舞台裏、ミニフィギュア(ミニフィグ)誕生秘話、人気シリーズの紹介まで、本拠地デンマークでも取材を行ってレゴの魅力に迫った。この記事はムックの中の1記事「日本のファン:本気の作品を生み出す楽しみ」の拡大版。

1. 入江貴道

●作品名:「Hornet」

LEGOmookSR180831_1.jpg

Takamichi Irie

25歳。明石高専建築学科を卒業し、現在は多摩美術大学大学院の環境デザイン学科でランドスケープを専攻中。レゴ歴は「年齢とイコール」だと笑う。2つのLUGに所属しており、レゴのイベントに出ることも多い。

好きな映画に関する作品もつくるが、虫や恐竜など「不定形なもの、生き物」をレゴブロックで生み出すことを意識しているという。事前にスケッチを描いたり、パソコンで設計図を書いたりせず、いきなり作り始めるというスタイル。

この作品「Hornet」は全長約30センチで、約500ピースを使用している。「この羽もレゴなんですか?」と尋ねると、マーベルの「スーパー・ヒーローズ アントマン ファイナルバトル」のセット(76039)にしか入っていないパーツを転用したと教えてくれた。

この他にも、カマキリやテントウムシ、トンボ、カブトムシがあり、虫のシリーズはレゴアイデアにエントリー中だ。

Twitter:@legomichiiiiii
flickr:https://www.flickr.com/people/legomichiiiiii/

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中