コラム

ウィリアム王子「宇宙旅行より地球を守れ」はなぜ失言なのか

2021年10月15日(金)21時46分

100歳を目前に4月に亡くなったフィリップ殿下や、エリザベス女王は69年にバッキンガム宮殿で、人類史上初めて月面に着陸したアポロ11号の宇宙飛行士3人に会っている。しかし孫のウィリアム王子は宇宙に行くことには「全く興味がない」と言い切った。低所得・貧困層は「宇宙旅行するカネがあるならパンをくれ」と叫ぶかもしれない。

ウィリアム王子発言に早速「カーク船長」が噛み付いた。シャトナー氏は、前回の飛行に参加した米女性宇宙飛行士候補ウォリー・ファンクさん(82)を抜いて最高齢の宇宙飛行士になった。シャトナー氏は米情報番組のインタビューに「彼は素敵な人で、いずれイギリスの国王になるけど、間違った考えを持っている」と批判した。

「俺を見てくれ、俺は宇宙にいるんだと誇示することが目的ではありません。これは宇宙に産業を興すための最初の一歩であり、環境を汚染する産業、特に発電する産業を地球から切り離すためのものです。地球の250~280マイル上空に基地を作り、電力を地球に送るという壮大なプロジェクトの第一歩なのです」

「大富豪の道楽」説も

実際に米空軍研究所は太陽光による電力を地球に放射する人工衛星用のハードウェアを開発する計画を進めている。

イギリスの宇宙飛行士ティム・ピーク氏(49)も「宇宙は気候変動のデータを提供し、国家のインフラを支えるものとして信じられないほど重要だ」とシャトナー氏の反論を支持した。「気候変動に関するデータの50%以上が宇宙からのものです。宇宙は私たちの重要な国家インフラの一部です。誰もが日常的に知らず知らずのうちに宇宙を利用しています」

従来のロケット排出物はオゾン層を破壊すると考えられてきた。ブルーオリジンのロケットエンジンは液体水素と液体酸素の混合燃料を使用しており、従来のロケット燃料よりはるかにクリーンだと英紙インディペンデントは指摘している。

億万長者の宇宙旅行にはさまざまな批判がある。ウィリアム王子の発言は急進左派の環境原理主義者や若者には大いに受けるかもしれない。しかし次世代が自然保護の名の下に科学の可能性を信じられなくなったら、人類を待ち受けているのは進歩ではなく停滞だろう。科学には宇宙開発と地球保護を両立させる力があると筆者は信じるのだが......。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、安全保障巡りロシアに文書で回答 国務長官「真剣

ビジネス

FRB、3月利上げの可能性示唆 インフレ対応へ転換

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中