コラム

欧州でロシアの工作活動が冷戦期並みにエスカレート 

2021年08月13日(金)15時03分

・2月25日、ドイツ連邦検察庁はベルリンのロシア大使館に勤務するGRU工作員にドイツ連邦議会議事堂の平面図を渡したとしてドイツ人の男を起訴した。

・3月19日、ブルガリア検察当局はロシアのスパイネットワークに協力したとしてブルガリアの国防省と軍事情報機関の高官らブルガリア人6人を起訴。GRUに訓練されたとされる元国防省高官はブルガリアや北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合(EU)に関する機密にアクセスできる人々で構成される「スパイネットワーク」を募集していた。元高官の妻はロシアとブルガリアの二重国籍を有し、在ブルガリア・ロシア大使館との仲介役だった。

ブルガリアでは19~20年、ロシア人外交官と技術助手計5人が追放されている。20年3月にはブルガリア人武器商人を殺害しようとしたとしてロシア人3人を起訴。11~20年に同国で4回起きた武器庫の爆発が東欧、ウクライナ、ジョージアへの武器の流れを止めるロシアの破壊工作かどうか調査している。

・3月30日、イタリア警察当局は5千ユーロ(約64万8千円)を受け取る見返りとしてロシア人武官に機密の軍事文書を流していたイタリア海軍大佐を逮捕、機密扱いの写真やNATOの軍事文書など237点を押収した。それまでロシアとの関係は良好と考えていたイタリアは「敵対行為に当たる」としてロシア人外交官2人を追放した。

・4月17日、チェコは作業員2人が死亡した2014年の爆薬庫爆発に関連してスパイと特定したロシア人スタッフ18人を追放。同月18日、ロシアが報復としてチェコ人スタッフ20人を追放。同月22日にはチェコがロシアの外交官とその他のスタッフ計63人の追放を発表する事態に。

NATO加盟国は「ロシアが欧州や大西洋地域で続ける不安化行動に懸念を示し、チェコと連帯する」と表明した。ロシアはアメリカとチェコを「非友好国」に。

・5月17日、ポーランド治安当局はロシアに軍事情報や資料を流していたとして男を逮捕。同月31日には、ポーランド治安当局はロシアのプロパガンダのためにEU議会で活動するポーランド人や外国の政治家のネットワークを築こうとしていたポーランド人の男を逮捕、データストレージデバイスと6万7千ユーロ(約868万円)を押収した。

・6月21日、ドイツ連邦検察庁は南部バイエルン州のアウクスブルク大学素材研究所のロシア人研究員をスパイ容疑で逮捕。昨年10月以降、少なくとも3回にわたってロシアの工作員と接触していた。この研究員は航空機や自動車に使われることが多い複合材料の研究を行っていた。大学が管理する情報を提供する見返りに金銭の謝礼を受け取っていた。 

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米景気回復、債務上限解決なければ台無し─財務長官=

ワールド

オミクロン株、米国で主流になるか予測できず=ファウ

ビジネス

インフレ長引く可能性、コロナで下振れリスク=FRB

ビジネス

訂正:米国株式市場=上昇、オミクロン株巡る懸念が後

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中