コラム

アストラゼネカ製ワクチンの公費接種、日本でもようやく承認 もっと早く認めていれば有観客の五輪もできたはずだが

2021年07月30日(金)21時00分

ウイルスや細菌が体内に侵入した場合、抗体がつくられ、病原体を攻撃して感染を防ぐ。自分の体に対して抗体はつくられないが、誤って健康な組織を攻撃する自己抗体ができることがある。コロナに感染すると、この自己抗体ができて、「ブレイン・フォグ」と呼ばれる記憶力や集中力の低下、呼吸困難など深刻なコロナ後遺症の原因になることが分かっている。

ファイザー製もAZ製もコロナウイルスの遺伝子コードを注射して人間の体内でコロナウイルスのスパイク(突起部)タンパク質をつくり免疫反応を誘発する。AZ製ではその過程でごくまれに自己抗体ができ、血小板減少を伴う血栓症の原因になることが報告されている。MHRAの報告書にはAZ製の血小板減少を伴う血栓症について詳しく書かれている。

それによると7月14日までにAZ製ワクチンを接種された2470万人のうち血小板減少を伴う血栓症は411人から報告され、71人が死亡している。このため、ワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)は18~39歳についてはAZ製以外の代替ワクチンを打つよう勧告している。

MHRAの報告書にはなぜかファイザー、モデルナ製の血小板減少を伴う血栓症については全く記載されていない。AZ製の副反応に注目が集まったため、集計する際にバイアスがかかったのか、それともファイザー、モデルナ製は頻度が低かったせいなのか、理由は公にはされていない。

ちなみに接種後に死亡した人は全体でファイザー製460人(2千万人接種)、AZ製999人(2470万人接種)、モデルナ製7人(130万人接種)だ。

リスクとベネフィットを秤にかける

英イングランド公衆衛生庁とケンブリッジ大学のモデルを使った分析によると、ワクチン接種により640万~790万人の感染と2万6千~2万8千人の死亡を防ぐことができたという。言うまでもなく100%安全な医療もワクチンも存在しない。年齢だけでなく、それぞれの地域の感染状況、ワクチンの供給状況によってリスクの評価も変わってくる。

そのため私たち一人ひとりがリスクとベネフィットを真剣に考える必要がある。

AZ製ワクチンを開発したオックスフォード大学のセーラ・ギルバート教授とキャサリン・グリーン准教授は『ワクチン派 オックスフォード・アストラゼネカワクチンのインサイドストーリー ウイルスとの競争』を出版した。その中でグリーン准教授はこんなエピソードを紹介している。

昨年8月、ウェールズの最高峰スノードニアで休暇中にグリーン准教授はワクチン懐疑派と出くわす。「水銀や有毒化学物質などワクチンの中に何が入っているのか分からない。私はワクチンをつくった人たちを信用しない」という疑問を突き付けられたグリーン准教授はワクチンの成分を一から説明する。もちろんAZ製ワクチンには水銀は入っていない。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射、大変遺憾=岸田首相

ワールド

原油先物は下落、中国の景気減速と弱い米製造業生産巡

ワールド

米のエネルギー転換、メキシコでEV関連雇用創出=ケ

ビジネス

英テスコ、レジなし店舗初オープン ロンドン中心部に

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 8

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 9

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 10

    韓国LG化学・LG電子、GMボルトのEVバッテリーリコール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中