コラム

スエズ運河の座礁事故が浮き彫りにしたコンテナ船の超巨大化リスク

2021年03月29日(月)13時15分
スエズ運河で座礁した超大型コンテナ船エバーギブン

座礁したエバーギブンにはコンテナが満載(3月28日)  Suez Canal Authority/REUTERS

[ロンドン発]世界の海上輸送の12%を占めるエジプト・スエズ運河で3月23日、正栄汽船(愛媛県今治市)所有の世界最大級コンテナ船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル、総トン数約22万4千トン)が砂嵐のため座礁し、運河を塞いだ事故は29日になって離礁し始めたものの約330隻が立ち往生し、グローバル化に伴うコンテナ船の超巨大化リスクをまざまざと見せつけた。

evergivenposition.jpeg

1869年に開通したスエズ運河は拡張工事を重ね、現在は総延長193キロメートル、幅205メートル、深さ24メートル。2015年にはそのうち72キロメールが複線化された。もちろんコンテナ船の超巨大化に対応する狙いもある。01年に世界貿易機関(WTO)に加盟した中国はスエズ運河経由で習近平国家主席のインフラ経済圏構想「一帯一路」を欧州に広げている。

kimurasuezpicture.jpeg
スエズ運河の拡張工事を祝う看板。右からナセル、サダト、シシ大統領(2019年筆者撮影)

1997年当時、新型コンテナ船に積めたのはTEU(20フィートコンテナ換算)8千本超だったが、今はその3倍の2万4千本。背景には中国の貿易量が飛躍的に増えたことがある。

Allianz_50_years_of_container_ship_growth_infographic.jpeg

全長400メートルの「エバーギブン」がどれだけデカイかと言うと、日本一高い東京スカイツリーの高さは634メートル、東京タワーは333メートル、あべのハルカス300はメートルだ。東京タワーよりはるかにデカイ。

さらにコンテナ1万8349本(最大2万124本積載可能)を積み上げて横から強風を受けながら運河のような細い航路を通過するのは、パイロット(水先人)が乗り込んでいたとしても相当な操船技術が求められる。座礁の原因は今のところ風速15~20メートルの砂嵐とみられているが、船員の操船技術に問題はなかったのか。

1994年には1キロリットル当たり1万4千円だった燃料のC重油は2008年には約6.4倍の最高値8万9550円まで高騰した。燃料費だけでなく船員費用・港湾施設使用料・管理費用の節約、建造費の回収など、コスト削減のためコンテナ船の超巨大化は一気に進んだ。世界金融危機や米中貿易戦争でグローバル化に急ブレーキがかかり、過当競争になったこともさらに超巨大化に拍車をかけた。

「コンテナ革命」を起こした男

しかし港湾施設の整備や操船技術など船員のレベルアップが追いつかないというリスクが以前から指摘されていた。コロナ危機による港湾の労働力不足、供給の停滞に加え、今回の座礁事故でスエズ運河が完全に遮断され、グローバルサプライチェーンの脆弱性が改めて浮き彫りにされた。

物流のコンテナ化を進め、世界貿易を一変させたのは、米ノースカロライナ州の農家に生まれたマルコム・マクリーン(1913~2001年)だ。10代の時、ガソリンスタンドのオーナーから「そこにある古いトレーラーを使っていい」と言われ、空になったタバコ樽を運ぶようになった。高校を卒業して3年後の1934年に兄弟2人とトラック運送業を始めた。まだ大恐慌の時代だった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

スウェーデン首相不信任案、来週可決も 選挙か暫定政

ワールド

世銀、インドネシアに13億ドルの融資を承認 コロナ

ワールド

大手金融機関、米新祝日の振り替えで従業員に休暇付与

ワールド

カナダ、大手行の国内安定バッファーを引き上げ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中