コラム

新たな東西対立が始まる世界で日本に求められるもの

2021年09月08日(水)11時00分

米軍のアフガン撤退を1つの契機に日本が一人前の同盟国になるには、まず国民と政府の間のねじれた関係を直さなければならない。日本では戦後の保革対立が相変わらず残っているが、中ロとの関係に外交や安全保障の軸足を置くことは、権威主義と規制経済に引きずり込まれることを意味する。

日本では政府やお偉方を嫌う人が多いが、中国・ロシア型の社会のお偉方はもっとひどいし選挙で蹴落とすこともできない。だから、日本政府が日本を守ろうとすることは基本的には国民の役に立つことなのだ。

その上で、政府はアメリカとの関係を革新勢力から隠したり、ごまかそうとしたりせず、より透明性があり合理的なものにしてほしい。オープンに共同戦略を議論し、合同演習もする。日本は防衛予算を増やす一方で、米軍への思いやり予算は合理化する。先端兵器の開発ではヨーロッパ諸国とも協力を強め、米企業に一方的な条件を押し付けられないようにする、などだ。

一度に物事は変えられない。でも、目標設定は必要だ。

20211130issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月30日号(11月24日発売)は「AI戦争の時代」特集。人工知能を持つ「ターミネーター」が自ら敵を殺し始めた。PLUS ヘンリー・キッシンジャー「核より恐ろしいAI兵器」

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インドネシア大統領、投資の法的確実性を約束 雇用関

ワールド

ニュージーランド、オミクロン脅威でも週内にコロナ規

ワールド

外国人の入国、11月30日から全世界を対象に禁止=

ワールド

英・イスラエル、イランの核兵器保有阻止へ決意 外相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中