コラム

デジタル人民元は中国停滞の始まり

2021年06月08日(火)16時00分

デジタルマネーの導入を進めている中国だが COSTFOTOーBARCROFT MEDIA/GETTY IMAGES

<カネの流れを強権的に管理することで完成する中国絶対主義体制。それがゆえに凋落へ向かうことは時代が証明している>

この前、ラジオを聴いていて、ああ、そうなのだと思った。中国ではスマホ決済が広がっているが、まだ現金も使われていて、その現金には偽札が多いのだという。

偽金=貨幣発行の「民営化」──。それはもう漢、唐の時代からあって、政府が発行する貨幣だけではとても足りないので、民間は自分で作って使い回した。価値に保証はなくとも、皆が使えば立派な通貨。今の米ドルと同じことだ。

そこで気付いたのは、いま中国が導入を始めているデジタルマネーの目的の1つは、偽金退治なのだろう、ということ。なぜならこれは中国人民銀行(中央銀行)が発行し、その流れを細部までリアルタイムで把握、管理できる。個人の銀行口座とリンクしているだけのスマホ決済と違って、デジタルマネーでの取引は人民銀行の口座を必ず通ることになるからだ。

しかもそれはブロックチェーンという電子大福帳に瞬時に記録され、後からの改ざん、粉飾は不可能。これで偽金だけでなく、同じく中国数千年の伝統を誇る官僚層の横領もなくなって、国家主席一人が社会の全てを統制する「中国絶対主義体制」が完成する。

世界は今、その中国の強権主義体制が世界2位の経済を築き(外国の資本と技術のおかげだが)、コロナ禍を抑え付けた(自分で広めたのだが)のを見て、この体制もいいかな、と思い始めている。

だが、ちょっと待てよ、と思うのだ。西側諸国が中国の上っ面に魅惑され、その強権・統制体制を模倣しようかと思い始めたちょうど今、中国は長期停滞に向けての曲がり角に差し掛かったのでないか?

歴史を思い出そう。中国の皇帝・官僚専制体制は、西暦1000年頃、宋の時代に確立された。この頃の中国経済、都市生活は、西欧の500年ほど先を行く発展ぶりだったが、それ以降、中国の経済は新局面を開くことなく停滞を続けた。エリートは権力にぶら下がって利益を貪り、権力は権力で儲かるビジネス(例えば塩の販売)を専売制で独占するので、経済が活性化しないのである。

今、中国を覆っていたいくつかの神話は剝がれ落ちてきた。経済成長率は低下し、中・東欧諸国などはチャイナマネーへの安易な期待を裏切られて中国離れを強め、王毅(ワン・イー)外相などはこれをなだめるのに必死だ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中