コラム

「目の前の試合をやることしかできない」?──アスリートも例外ではない「現場プロフェッショナルロマン主義」の罪

2021年07月15日(木)12時10分

しかし本当は、その理屈はおかしいのだ。近代自由民主主義のシステムは、人間に、それぞれ与えられた属性から独立した一人の個人として社会の前に立つことを要求している。その人が自分自身の「本分」を全うしていようがいまいが、一人ひとりが、個人としての自由意志に基づいて、一人の「公民」として、責任をもって社会に参画しなければ、真っ当な政治文化は成り立たない。この自由な社会の「個人」に与えられた社会参加の責務は、「役割を全うすること」と同等の、いやそれ以上に重い。

「各人は与えられた領分を離れず、守るべし」という道徳は、本質的には近代市民社会の政治的な義務と相容れない。こうした道徳が通俗化してしまうと、政治的なものにするべき事柄でも政治的なものに昇華せず、ただ一人ひとりが「役割を全うすること」を称賛して消費するだけの歪な言説空間が生まれる。私はそれを「現場プロフェッショナルロマン主義」と呼んでいる。

現場プロフェッショナルロマン主義はなぜ安直か

一人ひとりの人間が、目下の政治的問題に直面して、決断を回避するために取られる最も安直な逃避行動として、現場で「やるべきことをやっている」プロを称えるというものがある。そうした行動は、「脱政治的」な行為だとみなされており、政治的な行為よりも価値が高いとみなされている。

たとえば、このコロナ禍の中で、現場で大変な思いをして治療に、ワクチンに「役割を全う」している医療従事者に感謝をしよう、という意見に反対する者はほとんどいないだろう。しかし、その医療現場が、感染拡大に有効な手を打てず現場の医療崩壊を招いたりワクチン不足で現場のスケジュールの混乱を招いた知事や政府の政治的責任を追求しよう、と言い始めると、賛同者は減少する。「文句を言わずに黙々と治療を続けている当事者」を引き合いに出して、政治的な批判をする者を道義的に批難する者もいる。

オリンピックの利害関係者のうち、選手だけを特権的に批判対象から外すときも、このイデオロギーは働いている。選手が目の前の試合にストイックに努力していることの価値は、道徳や美学の範疇に属する。しかし、だからといって政治的な責任を回避できるわけではない。

政治を道徳や美学の問題に還元する思考をカール・シュミットは「政治的ロマン主義」と呼んだが、私はそれをもじって、政治を回避した現場への情緒的な寄り添いのことを「現場プロフェッショナルロマン主義」と暫定的に定義している。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射、大変遺憾=岸田首相

ワールド

原油先物は下落、中国の景気減速と弱い米製造業生産巡

ワールド

米のエネルギー転換、メキシコでEV関連雇用創出=ケ

ビジネス

英テスコ、レジなし店舗初オープン ロンドン中心部に

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 8

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 9

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 10

    韓国LG化学・LG電子、GMボルトのEVバッテリーリコール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中