Book 書籍紹介

『ニューズウィーク日本版』ペーパーバックスのご案内

2012年11月発行

チェンジはどこへ消えたか

2012年11月発行 / 定価1047円(本体952円)

冷泉彰彦 [著]

オバマは「チェンジ」に失敗したにもかかわらず、なぜ再選できたのか。ニューズウィーク日本版サイトで人気の著者が検証する。
☆著者インタビュー動画はこちら

共和党ロムニー候補に競り勝ち、再選を決めたバラク・オバマ米大統領。だが、2008年の「チェンジ」の熱狂はもうどこにもない。オバマは「チェンジができなかった」のである。では、オバマはどうしてそれでも勝ったのだろうか? 本サイトで人気のアメリカウォッチャーが、オバマの1期目を総括し、2013年以降のアメリカを占う。
はじめに

Chapter 1 誤解される日本

日本が世界から誤解される理由
ジェニファー・リンド
絶望的な経済衰退論から軍事国家への右旋回まで
色眼鏡で曲解されてきた日本が「普通の国」に脱皮するには?

欧米も誇張する日本の「右傾化」
J・バークシャー・ミラー、横田 孝
中国・韓国の主張をうのみにし、誤解を広げる欧米メディア
日本の外交・安全保障政策はなぜ曲解されるのか

国益を損なう「河野談話」見直し
冷泉彰彦
従軍慰安婦問題で「軍の強制連行」を否定しても
日本の名誉回復にはならないし、さらなる誤解を招くだけだ

僕が「反日」をやめた理由
安替
徹底的な反日派だった南京出身者は
なぜ日本への見方を根底から変えることになったか

中韓には見えない靖国神社の実像
J・バークシャー・ミラー
A級戦犯の遺体が埋葬された、過去の行いを美化する場所?
誤解や頑なな感情論を脇に置くと見えてくるもの

日本は衰退などしていない
ダニエル・グロス
欧米が反面教師とする「失われた10年」論は
この国の本当の実力を見落としている


Chapter 2 日本を報じる視点

阪神・淡路大震災で称賛された日本人の我慢強さ
日本版1995年2月1日号/英語版1995年1月30日号 掲載
戦争責任に向き合わない日本への批判
日本版1995年7月26日号/英語版1995年7月24日号 掲載
日本のビジネス風土が変わるという期待
日本版1998年4月1日号/英語版1998年3月30日号 掲載
「改革者」コイズミはニュースバリューの宝庫だった
日本版2003年10月15日号/英語版2003年10月13日号 掲載
スキャンダルに執着し過ぎる国民性への疑問
日本版2010年6月2日号/英語版2010年5月24日・31日号 掲載
東日本大震災に遭った日本人へのエール
日本版2011年3月30日号/英語版2011年3月28日号・4月4日号 掲載
Chapter 5 ウォール街占拠デモという「オバマ離れ」の光景

ウォール街占拠デモの「思想的位置」
教育改革でもオバマはリーダーシップを取れず
民主党の支持母体、教員組合への配慮
雇用問題でオバマはどうすればよかったのか
アメリカ人の願った「チェンジ」をできなかった

Chapter 6 なぜオバマはビンラディンを殺したのか

イラク戦争の終わりと厭戦気分のアメリカ
「アフガンの米兵銃乱射事件」で窮地に立ったオバマ
「オバマはイスラム教徒」という誹謗中傷
殺害成功に熱狂し、そして冷めたアメリカ
オバマのグラウンドゼロ献花とは何だったのか
右派がオバマを認めた(?)日
ビンラディン殺害、その国際的な意味

Chapter 7 「アラブの春」を巡り、揺れ動いたオバマ

それは「カイロ演説」から始まった
「アラブの春」とアメリカ
リビア空爆で更に複雑化したアラブ情勢
アラブ騒乱の元凶となった「ビデオ映像」の謎

Chapter 8 オバマ政権の「2期目」はどうなる?

政治的「資産」はゼロからの出発
直前に立ちはだかる「財政の崖」
ヒラリー辞任後の外交はどうなる?
ガイトナーもバーナンキも去った後は?
オバマはメッセージ発信型大統領に戻れるか
2016年を展望する

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中