Book 書籍紹介

『ニューズウィーク日本版』ペーパーバックスのご案内

2012年9月発行

中国超入門  

2012年9月発行 / 定価1047円(本体952円)

ニューズウィーク日本版編集部 編

中国のこと、ちゃんと理解していますか? 「やさしい図解+記事」でわかる、ニューズウィーク流入門書。

(1)ゼロからわかる中国  (2)覚えておきたい都市と人物  (3)激動のニュースを読み解く
Chapter 1 ゼロからわかる中国

地理・民族の素朴な疑問8  執筆:ふるまいよしこ

1.広大な国土の行政区分は?
2.香港・マカオの一国二制度とは?
3.中国で「台湾」はどういう位置づけ?
4.世界一の人口はいつまで続く?
5.「中国人=漢族」は間違い?
6.中国人の姓は一文字ばかり?
7.中国人は全員「中国語」を話す?
8. 一人っ子政策はなぜ行われた?

政治・外交の素朴な疑問6  執筆:ふるまいよしこ

1.中国では「共産党=政府」なの?
2.国家主席と首相はどう違う?
3.全人代って何?
4.国民は全員「共産党員」なの?
5.人民解放軍は国の軍隊?
6.今どの国といちばん仲がいい?

経済・ビジネスの素朴な疑問6  執筆:ふるまいよしこ

1.社会主義市場経済って何?
2.人民元は世界の準備通貨になる?
3.中国はなぜ「世界の工場」になった?
4.中国に証券取引所はあるの?
5.国有企業、民営企業、合弁企業の違いは?
6.中国人は土地を買えないって本当?

社会・歴史の素朴な疑問10  執筆:ふるまいよしこ

1.大躍進、文化大革命とは?
2.天安門事件はなぜ起きた?
3.改革開放政策って何?
4.毛沢東は今でも英雄なの?
5.愛国教育はどんな内容?
6.「八〇後」はどんな若者たち?
7.中国の戸籍制度は日本と違う?
8.中華思想って何?
9. パンダはただの動物じゃない?
10.中国料理は何種類ある?

Chapter 2 覚えておきたい都市と人物

注目都市の基礎知識10  執筆:須藤みか

1.北京
日本の四国に相当する広さ!
世界経済の中枢を目指す首都
2.上海
「東洋のパリ」が世界一の港に。
国際金融センターでもある経済都市
3.深圳
起業を重んじ経済を牽引する
「チャイニーズドリームの都市」
4.大連
日本・ロシア統治時代の面影が残る
東北地方の玄関口
5.重慶
長江上流の要衝は、直轄市となり
西部大開発を牽引する
6.天津
「天津エコシティ」プロジェクトが進行する
北部の港湾都市
7.南京
かつては国際都市「長安」。
兵馬俑など名所旧跡が多い
8.西安
中華思想って何?
9. 昆明
一年中花が絶えない「花都」で、
少数民族の文化・風俗に触れる
10.ウルムチ
鉱物資源が豊富だが、不安定要素が絶えない
多民族都市
目が離せないキーパーソン15

1.劉暁波
ノーベル平和賞を受賞した不屈の天安門事件リーダー
2.胡佳
環境から民主化まで、行動力に秀でた人権活動家
3.陳光誠
外交問題に発展した「盲目の人権活動家」の脱出劇
4.艾未未
反体制を「表現」し続ける現代アーティスト
5.ダライ・ラマ14世
世界的な精神指導者だが、チベット弾圧は収まらない
6.ラビア・カーディル
実業家から人権活動家に転身した「ウイグルの母」
7.習近平
野心でここまで上り詰めた中国の次期リーダー
8.胡錦濤
成長実現でも寂しく去り行く「商売人の息子」
9. 李克強
温厚なエリートだが、限界も垣間見える次期首相
10.周小川
金融政策を決定する立場だが、権限の弱い人民銀行総裁
11.李彦宏
転機を迎える中国一の検索エンジン「百度」の創業者
12. 曹国偉
中国の言論空間を拡大した新浪微博の最高司令官
13.張欣
新時代の中国を引っ張る不動産業界のカリスマ
14.韓寒
世論を刺激し続ける「八〇後」のベストセラー作家
15.劉翔
中国が誇る金メダリストは競技内外でハードルに苦戦


Chapter 3 激動のニュースを読み解く

重慶スキャンダルの衝撃 執筆:長岡義博
イギリス人の変死と重慶市トップの失脚が
政界の派閥争いと中国の方向性に影響を与える?

経済成長の「奇跡」は終わった  執筆:ミンシン・ペイ
30年間も2桁台の高成長を謳歌してきたが、
中国バブルはついに崩壊へ向かう

中国軍はどこまで膨張するのか  執筆:長岡義博
前年比10%のペースで増え続ける国防予算
空母建造の実現も目指す人民解放軍の本当の狙い

中国が宇宙開発でトップに立つ日 執筆:メリンダ・リウ
初の女性宇宙飛行士にメディアと国民は熱狂
なぜ中国は宇宙開発に邁進するのか

親日か反日かで語れない領土問題 執筆:ふるまいよしこ
香港・台湾にとっても「釣魚島は中国固有の領土」
中国人の「常識」と「反日デモ」を読み違えるな

官報メディアvs.市場型メディア  執筆:ふるまいよしこ
日中感情を左右する世論調査のウラ
現代中国メディアの成熟とその読み方

訪日旅行という残酷物語  執筆:李小牧
海外旅行がブーム、日本も人気の渡航先だが、
観光客は「ぼったくりツアー」の餌食に

「世論の陣地」となった微博  執筆:安替
影響力あるメディアとなったマイクロブログは
中国の社会・政治を変えていくのか

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中