コラム

慣れない雪道、どう歩く? 3ステップで防ぐ転倒事故

2022年01月18日(火)11時30分
雪

雪道では、滑っても頭を打たないようにすることが何よりも重要(写真はイメージです) Aduldej-iStock

<雪道で特に滑りやすい場所は? 正しい転び方は? 科学ジャーナリストの茜灯里が、運動生理学的な知見に基づいた雪道の歩き方を解説する>

今年は、新年早々の1月6日に、東京都心部で10センチ積もる4年ぶりの大雪がありました。

都心に雪が降ると話題になるのが、雪慣れしていない都民の転倒事故です。東京消防庁などの調べによると、6日の降り始めから7日午後9時までに530人が転んで頭や腰を打つ怪我などをして病院に搬送されました。

気象庁は11日に、「今冬は冬の終わりまでラニーニャ現象が続く可能性が高い(80%)」と発表しました。

「ラニーニャ現象」が起きると、冬の間は気温が平年より低くなり、日本海側を中心に雪の量が増える傾向があります。さらに、気象庁の一カ月予報では、1月後半からは南岸低気圧の影響で、関東など東日本の太平洋側でも雪の降る可能性を示唆しています。

次の大雪が来る前に、雪道で転ばない方法をおさらいしておきましょう。

【雪道への心構え1・事前準備編】

1.東京と北海道では「冬靴」の定義が違う

北海道では、自動車が冬に向けてスタッドレスタイヤに履き替えるように、人も「冬靴」に履き替えます。

北海道の冬靴は、防水性と防滑性を重視していて、スパイクや溝付きのゴム底など雪道でも滑りにくくなっています。いっぽう、首都圏で冬靴というと、内側が起毛になっていて暖かいものやブーツなどのファッション性が高いものが大半で、雪道にも耐えられる滑り止めが付いていることは稀です。そこで、雪国以外の人は、ネット通販などで雪道用の防滑性のある靴を手に入れる必要があります。

年に数回あるかどうかの積雪のために冬靴を買うのを躊躇う場合は、ネット通販で数百円で買える、靴に後付けできる「滑り止め防止スパイク」や「滑り止めゴムマット」などがあると安心です。

2.東京と北海道では「雪道の特徴」が違う

北海道の雪道は、溶けた雪が氷になって固まったアイスバーン、雪が踏み固められた圧雪、溶けかかってぐちゃぐちゃになった雪、などさまざまな状態になります。いっぽう、首都圏では本格的なアイスバーンになることは少なく、濡れた路面に少し雪が積もった状態が多いです。北海道ではアイスバーンよりも雪の上を歩いた方が転びにくいことが多いですが、首都圏では濡れて滑りやすくなった雪に乗らないことが重要になります。

また、選ぶ靴も変わってきます。たとえば、スパイク付きの冬靴は、北海道のアイスバーンや圧雪には強いですが、首都圏の濡れた路面は氷が薄すぎてスパイクが刺さりません。さらに、スパイクが付いていると建物や電車の中のタイルの床で滑りやすくなるので、靴底全体に溝のあるゴム底製の靴のほうが適している場合が多いです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中