コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日米のコロナ対策に共通する「リスコミ」の問題点

<本来なら政治の役割である総合的な判断や責任まで、感染症の専門家が背負わされるのは筋違い> 新型コロナウイルスの感染拡大が始まって約14カ月

2021.05.06 
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

五輪開催は、ワクチン接種後の10月末に延期できないのか

<変異株が猛威をふるうなかで7月に五輪開催が強行されれば、歴史に残る混乱となることは避けられない> 五輪と新型コロナウイルスの関係については

2021.04.28
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

<今回の会談はアメリカ国内ではまったく話題になっていないが、外交イベントとしてはめずらしく成果があったとも言える> 菅義偉首相とジョー・バイ

2021.04.21
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日米サプライチェーン連携で、日本の低迷は救えるのか?

<日米首脳会談では、中国に対抗して日米が連携してサプライチェーンを見直すことも協議されるが> 日本が貧しくなったという議論が増えてきました。

2021.04.14
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

MLB「球場ボイコット」の背景にある両党派双方の思惑

<マイノリティーの投票妨害を狙ったジョージア州の選挙法改正に、コカコーラなど同州に拠点を置く大企業などはさっそく抗議を表明したが> 昨年は開

2021.04.07
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ヴァレンティノ炎上CMで、踏まれているのは「帯」なのか「布」なのか?

<日本文化へのオマージュだという前提情報がしっかり伝えられなかったことが問題> イタリアの高級デザイナーブランド「ヴァレンティノ」による、日

2021.04.01
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

スキャンダル続きのクオモNY州知事、政治的サバイバルはできるのか?

<一連のスキャンダル攻撃を仕掛けているのは共和党ではなく実は民主党内の左派> ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事といえば、2020年3

2021.03.30
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

グローバルな時代だからこそ、古文・漢文は大事

<ビジネスシーンで信頼関係を築くうえで古典の教養は大きな武器になる> 古文漢文を必修科目から外すべきという議論があります。グローバル化する現

2021.03.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本政府はアジア系へのヘイトの連鎖を断ち切る外交を

<同盟国だから遠慮するとか、バイデンは悪くないなどの理由で下手に出るのは得策ではない> アメリカではアジア系をターゲットにしたヘイトクライム

2021.03.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アトランタ銃撃事件が、アジア系へのヘイトクライムを誘発する?

<犯行動機は人種ヘイトでないとしても、この時期にアジア系女性が殺害される事件が起きたことで米社会には衝撃が走っている> 今週16日、ジョージ

2021.03.19

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 6

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 7

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 8

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 9

    ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

  • 10

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中