コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

<心理面や関係性をコントロールすることで組織を動かそうという手法は世界中にあるが......> 横浜港に入港中のクルーズ船「ダイヤモンド・プ

2020.02.21
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

大富豪ブルームバーグが、民主党予備選を勝ち抜く可能性は?

<スーパー・チューズデー以降に民主党予備選に参戦する「奇策」に出たブルームバーグ、これに対して党内左派を中心に激しい批判が起こっている> 民

2020.02.18
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

民主党予備選、穏健派がどの候補に一本化できるかが今後の焦点

<ニューハンプシャーでのサンダース勝利で、民主党内の過半数を占める穏健派の今後の動向が予備選の鍵になってきた> 2月11日にニューハンプシャ

2020.02.13
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ演説原稿「破り捨て」は、再選阻止を誓うペロシの宣戦布告

<パフォーマンスの背景には、トランプ弾劾が終了するなかで、11月の本選に向けて民主党全党に結束をうながす狙いが> 今週4日、恒例となっている

2020.02.06
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アイオワ州予備選、集計トラブルの末の勝者は誰だ?

<民主党予備選のスタートとなるアイオワ州で集計トラブルが発生、この失態で「勝者はトランプ」とまで論評される始末> 今週3日、現職のトランプ大

2020.02.05
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

安倍首相の苦しい言い逃れ「募っているが、募集はしていない」から見えること

<首相答弁の本質を突いて追及ができない野党の体たらくと、あくまで言い逃れに終始する政権末期の雰囲気と> 安倍首相が国会答弁で、「桜を見る会」

2020.01.30
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

首都圏の大雪災害に備えて、計画運休を定着させるべき

<「平成26年豪雪」のような大雪被害に見舞われるかどうかは、南岸低気圧の通り道次第なので直前まで予報が困難> 毎年、1月から2月にかけて首都

2020.01.28
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

米野球界スーパースターのジーターが満票殿堂入りならず、では5年後のイチローは?

<イチロー氏の米野球殿堂入りは間違いなさそうだが、注目されるのは野球ジャーナリスト全員からの賛成票を得られるかどうか> アメリカの野球殿堂は

2020.01.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

空港アクセス鉄道への反対運動に参戦した、オカシオコルテス下院議員の目算

<民主党予備選が佳境を迎えるなかで、自分の師匠にあたるサンダースの支援のために左派の立場を鮮明にするAOC> ニューヨークには大空港が3つあ

2020.01.21
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

どうもスッキリしない、河井前法相夫妻の選挙違反疑惑

<河井夫妻が時間を稼いでいるように見えるのは、政治的な背景もありそう> 自民党の河井克行衆院議員(前法相)と、妻の河井案里参院議員については

2020.01.16

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!