コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

中間選挙後の米政治は「ねじれ議会」でますます不透明に

<議会上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」の結果を受けて、トランプがさらに強硬な姿勢に出るか、それとも対話路線へと転向するか、米政治の先行き

2018.11.08
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

中間選挙で、もし上院が与野党同数になったら?

<上院が50/50で与野党同数になった場合、次の選挙までの2年間、トランプ大統領は困難な議会対策を迫られることに> アメリカの中間選挙は、下

2018.11.06
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

中間選挙を目前に、トランプが分断を煽る理由

<16年大統領選でトランプを当選に導いたとされる共和党の「消極的」支持層を投票に向かわせるために、トランプは右派ポピュリズムとも言える政治シ

2018.11.01
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

選挙直前のユダヤ教徒へのヘイト犯罪、トランプはスルーする構え

<右派への影響を考慮してか、ユダヤ教礼拝所への乱射事件については「責任がない」という姿勢でトランプは通そうとしている> 米中間選挙の投票日が

2018.10.30
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

米中間選挙直前の移民キャラバン、トランプへの追い風になる「逆効果」

<治安悪化が深刻な中南米から一斉にアメリカを目指す移民キャラバンは、これまでのところ「キャラバン阻止」を訴えるトランプへの追い風になっている

2018.10.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

米中間選挙の直前情勢、上院は共和党が優勢か

<下院は民主党が優勢だが、上院では共和党が優勢......選挙戦がヒートアップするなかで民主党が左傾化して中道票が逃げている一面も> アメリ

2018.10.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の地面師詐欺は、アメリカの「タイトル保険」で防げる

<アメリカの不動産売買では買主の所有権を保証する「タイトル保険」という制度があり、これに伴う物件調査「タイトル・リポート」と共にリスクを低減

2018.10.18
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

サウジのジャーナリスト殺害疑惑、誰が得して誰が損した?

<サウジのムハンマド皇太子は投資会議開催を前に国際的威信を失い、トランプ米大統領は迷走の揚げ句に悪印象を残した。意外にポイントを稼いだのはア

2018.10.16
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

突然辞任したヘイリー国連大使は、トランプ政権内の「抵抗勢力」だったのか

<中間選挙を前に突然、辞任したヘイリー。様々な憶測はあるが、政権発足当初からトランプの外交方針には賛同していなかったと見るべき> 今週9日、

2018.10.11
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ時代のアメリカでは、炭酸飲料の香料まで訴訟の標的に

<今のアメリカは「声の大きな人間」が幅を利かせる時代――無害なはずの香料も集団訴訟のターゲットになってしまう> アメリカの清涼飲料水業界では

2018.10.09

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 5

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 6

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 7

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 8

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 9

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 10

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    安倍首相はよく耐えた!

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!