コラム

やじうまUSAウォッチ 町山智浩

全米一怒れる男ウィネバゴ・マン

 年末にはマウント・シャスタという山にスキーに行った。  シャスタをニューエイジの人たちはパワーストポットだと信じていて、3000メートル

2011.01.04

30発の核爆発を撮影した日系カメラマン

 9月から娘が中学に通い始めた。けど、うちの学区にはスクールバスがないので、まだ登下校の送り迎えはしている。  カリフォルニアでは子供は12

2010.12.07

「神と銃」レーナード・スキナードが歌うアメリカ

レーナード・スキナードの新曲「それは俺のアメリカと違う」    去る9月20日、レオナード・スキナーが77歳で死んだ。  レーナード・スキ

2010.10.28

アメリカの家の前にはなぜ芝生があるのか?

アメリカの郊外住宅地のアーキタイプ、レヴィッタウン 「Get off my lawn(わしの芝生から立ち退け)!」  映画『グラン・トリノ

2010.10.22

『キッズ・アー・オールライト』 あの娘の家にはママが2人

 ウチのはす向かいの家のジョアナちゃんにはお父さんが2人いる。  両親は同性カップルなのだ。  ウチはイーストベイと呼ばれる、サンフランシ

2010.08.16

キテレツ発明品まつり「メイカー・フェア」は役に立たないのが楽しい!

 銀色に輝く流線型のロケット。1930年代のパルプ雑誌の表紙にあったような宇宙船が目の前にそびえたっている。本当に金属製で、10メートルほ

2010.05.27

3カ月間だけ英雄だったマザーファッカー

 筆者の住むイーストベイと対岸のサンフランシスコを結ぶ、ACトランジットというバス路線がある。今年2月、その車内で「黒人のチンピラにからまれ

2010.05.18

キング牧師の生家で公民権運動の生き証人に会う

キング牧師の生家の裏でグラハム・ウィリアムズさんと 「マナーはいちばん大切だ。それをみんな忘れている。What a shame (恥ずかしい

2010.04.27

『サウスパーク』がサリンジャー追悼! 「げろげろ畑でつかまえて」

 サリンジャーは生前、自分の小説の映画を許可しなかった。『フィールド・オブ・ドリームス』映画化の時も、原作どおりサリンジャーを登場させること

2010.04.01

ダコタ・ファニングが家出娘の悩殺爆弾 蘇るランナウェイズ

『ザ・ランナウェイズ』公式サイト  ハロー、ダディ、ハロー、マム  私はチチチチチ、チェリー・ボム!  1977年、ザ・ランナウェイズが日

2010.03.24

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!