コラム

入管スリランカ女性死亡 韓国やインドなど各国にある人権保護機関がなぜ日本にない?

2021年04月06日(火)17時19分
李 娜兀(リ・ナオル)
東京入国管理局

どの国でも入管は外国人には不快な施設だが(東京入管) YUYA SHINOーREUTERS

<日本のような先進国で、なぜこんな事件が起きるのか。国連からも設置を求められる人権機関の存在は、再発防止に役立つはずだ>

今年の1月にビザ更新のため東京出入国在留管理局に行った。新型コロナウイルス感染対策のため入館制限があり、番号札を受け取って順番待ちをした。長蛇の列は建物を囲むように続き、外で1時間半ほど待った。最高気温9度前後の中の1時間半待ちはなかなかつらい。

東京入管も努力はしているのだろうが、在留外国人に対するサービスが飛躍的に丁寧になっている区役所や税務署などほかの行政機関と比べると、率直に言って見劣りがする。そもそも業務時間も区役所などより短く、電話をしてもつながらない。番号札もインターネットで予約できるようにしてくれたら良いのに、と思った。

もちろん、もともと自国民を相手にするところではない入管は、世界中どの国でも外国人にとっては不愉快な思いをすることがあり得る場所だ。以前アメリカのある大学の研究所から招待され訪米したときのこと。シアトルの空港の入管で止められた私は、両脇に銃をぶら下げた大柄な係官に別室に連れて行かれ調査された。1歳だった娘と母が一緒だったので不法移民と思われたのかもしれないが、その時に受けた威圧的な対応は忘れられない。きっと韓国の入管でも、不便で不親切な経験をした日本人はいるだろう。

しかし、日本では私が経験した不便さ、不快さとは比較にならない事件も起きている。3月6日に名古屋入国管理局で、収容中のスリランカ人女性が入院などの措置も受けられずに死亡した事件だ。日本のような先進国でなぜこんなことが起きるのか正直びっくりした。

この問題については上川陽子法相が調査を指示したと報じられており、より詳しい経緯や再発防止策がいずれ明らかになるだろうと思う。ただこの件で改めて、人権について在留外国人の声や立場をしっかりすくい上げてくれる機関が欲しいとも思った。

単純比較はできないし、網羅的に調べたわけではないが、韓国でもときおり出入国管理事務所関係者による外国人への暴行事件が報じられる。やや古いが、2010年のケースでは不法滞在の疑いで取り調べを受けていた外国人に入管勤務の運転手が暴行を加え、ひざまずいて助けを請うことまでさせた。

この事件では、韓国の国家人権委員会が「人格権、身体の自由の侵害であるのみならず刑法上の傷害罪に当たる」と判断し、運転手を検察に告発し、事件に関係した部署の職員全員を対象にした人権教育の実施を勧告した。

01年に設立された韓国の国家人権委は政府から独立した第三者機関だ。当然、外国人の人権のためだけにつくられたものではないが、韓国国内で起こるさまざまな人権問題を取り扱う。最近では、ソウル市が外国人労働者だけを対象に新型コロナのPCR検査を義務化する行政命令を出したところ、国家人権委が「外国人に対する差別的措置だ」と判断し、ソウル市が撤回した。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中