注目のキーワード

ニューズウィーク日本版『月』に関する記事一覧

「地球の自転速度が遅くなったことで地球大気の酸素量が増えた」との新たな説が発表される
地球大気

「地球の自転速度が遅くなったことで地球大気の酸素量が増えた」との新たな説が発表される

<独マックスプランク海洋微生物学研究所などが、「地球の自転速度の変化が地球大気の酸素化と関連している...

2021.08.06
仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する、との説が発表される
原始地球

仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する、との説が発表される

<約45億年前に火星くらいの大きさの天体「テイア」と原始地球が衝突し、月ができたとする「ジャイアント...

2021.03.25
670万種の種子や胞子、精子、卵を月で保管する「月の方舟」構想が明らかに
サイエンス

670万種の種子や胞子、精子、卵を月で保管する「月の方舟」構想が明らかに

<気候変動や自然災害、核戦争、天体衝突など脅威に備え、地球上の生命体を月で半永久的に保管する「月の方...

2021.03.19
「月の砂」から酸素を抽出、実用化に向けてテストプラント開設
月探査

「月の砂」から酸素を抽出、実用化に向けてテストプラント開設

<欧州宇宙機関(ESA)は、月のレゴリス(堆積物)から酸素を効率的に抽出する新たな手法を開発した、と...

2020.01.24
中国が月で発芽させた綿花は一夜で枯れていた 
宇宙開発

中国が月で発芽させた綿花は一夜で枯れていた 

<人類が地球以外の星に住むためには「地球の生態系」を運べることが不可欠。これはそのための小さな一歩>...

2019.01.17
米中月面基地競争のゆくえは? 中国、月裏側で植物発芽成功
中国

米中月面基地競争のゆくえは? 中国、月裏側で植物発芽成功

14日、中国は月裏側で植物の発芽に成功したことを伝えるとともに国家宇宙局が月面基地建設を各国と協力す...

2019.01.16

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice