最新記事

人体

人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、未知の第3層

2022年1月12日(水)17時30分
青葉やまと

筋肉の模型も変更? tinydevil -iStock

<これまで知られていた筋肉の層のさらに深部に、顎の開閉を安定させる第3層が隠されていた>

人体は私たちにとって最も身近でありながら、謎の多い存在だ。過去数世紀にわたってその構造は研究されてきたが、ここにきて新たな部位が発見された。その部位とは、ものを噛むときに活躍する顎の筋肉「咬筋(こうきん)」の一種だ。咬筋には既知の2層の筋肉があるが、さらにそれらの奥に別の筋肉の層が隠れていたことが判明した。

研究を行ったのは、スイス・バーゼル大学のジルヴィア・メゼイ博士率いるチームだ。メゼイ博士らはホルマリン漬けの人体サンプルと新たに献体された遺体を対象に、解剖およびCTスキャンによって咬筋の構造を分析した。結果、計28体のサンプルすべてにおいて一貫して、第3の層が確認されたという。さらなる検証のために生きた人間のMRI画像を撮影したところ、こちらも同じ構造があることが判明した。

Low-Res_Illustration_Masseter_neu.jpg

CREDIT: JENS. C. TÜRP, UNIVERSITY OF BASEL / UZB


咬筋は、口の開閉と咀嚼に関わる筋肉だ。食べ物を噛むときには咀嚼(そしゃく)筋と呼ばれる一連の筋肉が働くが、そのひとつに、上顎と下顎をつなぐ咬筋がある。この咬筋が収縮することで下顎が引き上げられ、口を閉じることができるしくみだ。

咬筋は動きがわかりやすい筋肉であるため、もし指を口に入れ、頬の内側に沿わせた状態で口を開け閉めしたならば、かなりはっきりとした咬筋の動作を感じることができるだろう。

【参考記事】
ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

既知の2層にはない機能

これまで咬筋は多くの解剖学のテキストにおいて、顔の表面近くを走る咬筋浅部と、それにやや角度をつける形で口内に近い位置を走る咬筋深部の、計2層の筋肉からなると説明されている。しかし、研究によって新たに確認された第3の層は、既知の2層よりもさらに深い場所に存在する。

チームは第3層の位置や筋繊維の方向などから、既知の2層とは明らかに構造的・機能的に独立していると考えている。第3層は下顎の筋突起と呼ばれる部位につながっており、他の層と同様、下顎を上顎に引き寄せて咀嚼の機能を提供する。さらにこの層は、下顎を後方に動かすことができる唯一の筋肉でもある。後方へずらす機能により、口を閉じたときの顎の収まりをより安定させる役割を担っているという。

本研究内容は12月、解剖学の学術誌『アナルズ・オブ・アナトミー』(解剖学紀要)に掲載された。チームは第3層に対して「Musculus masseter pars coronidea(咬筋の筋突起部)」という新たな名称を付与するよう提案している。

矛盾していた従来の学説

以前にも咬筋を3層構成とする説は一部にあったが、その構造を正確に説明するものではなかったようだ。

解剖学の世界で事実上標準的な教科書となっている『グレイズ・アナトミー』は1995年刊行の旧版においてすでに、咬筋は3層構造であると説明している。しかし、科学ニュースを報じるエウレカ・アラートは、同書籍の説明の一部には信用性に欠ける面があったと指摘する。3層目の根拠として引用された複数の研究には、顎の別の筋肉に関して議論したものが含まれていたほか、研究同士の主張に矛盾がみられるなどの混乱があった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米JPモルガン、有形自己資本比率目標を確認 

ビジネス

バンク・オブ・アメリカ、国内最低時給を22ドルに引

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月