最新記事

米ロ関係

極超音速ミサイルでロシアはアメリカを抜いたのか、それともウクライナ侵攻前のブラフなのか?

Has Russia Beaten the U.S. in the Hypersonic Missiles Race?

2021年12月6日(月)18時45分
ブレンダン・コール

この数カ月の間、国営メディアはツィルコンの発射成功について派手に報じてきた。もっとも専門家の間からは、ロシアの言う通り射程が1000キロもあるのか疑問視する声も聞かれる。

推進力をスクラムジェットから得る純粋な極超音速ミサイルとは異なり、ツィルコンは既存の技術の組み合わせで作られている。

ツィルコンは固形燃料ブースターの力で大気圏外まで飛び、そこから準弾道の「スキップ・グライド」軌道を通って標的に近付く。弾頭は取り外し可能だ。

「(ツィルコンは)巡航ミサイルと弾道ミサイルのハイブリッドだろうと思われる」と、コンサルタント会社イースタン・アドバイザリー・グループのリチャード・コノリーは言う。「技術レベルの高いやり方ではないが、革新的でもあるし、同じ目的地にたどり着くことは可能だ」

「アメリカは純粋な極超音速ジェットの実験をたくさんやり、ありとあらゆる障害にぶつかってきた」とコノリーは本誌に語った。

「ロシアは目的地への近道をして『スクラムジェットだけを使った純粋な(極超音速兵器の)システムで中国やアメリカと競争しようとするのはやめ、その代わりハイブリッド技術を使おう』と言ったに過ぎない」

アメリカの少し先を行っているのは確か

「ツィルコンがアメリカにできないようなことをやっていることを示す証拠は見当たらない。(ロシアは)単に、別の(開発)ルートを選んだというだけだ」。そう言いつつもコノリーは、ミサイル開発でロシアがアメリカより「少し前を行った」とも考えている。「だが、ロシア側が世間に思わせたいほどに差が開いているわけではない」

失敗続きの計画

ロシアはまた今年10月、バレンツ海でセベロドビンスク原子力潜水艦からのミサイル発射実験に初めて成功したと発表した。これが本当であれば、潜水艦は水中の特定不可能な場所から長距離高速ミサイルを発射できるため、軍事バランスが変わる可能性がある。

しかし、この実験は失敗したようだとコノリーは言う。彼はイギリスのシンクタンク王立国際問題研究所によるロシアの軍事力の評価の共同執筆者でもある。

だがロシア国防省は11月にさらなる計画を示唆し、885型(ヤーセン型) 原子力潜水艦ペルミ2024からのジルコンの試験発射を再開すると発表。今回のミサイルは「設計のわずかな変更により、以前とは異なるものだ」と、タス通信は伝えた。

開発中のアバンガルド(極超音速滑空体)ミサイルシステム、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」と、核搭載可能な空中発射弾道ミサイル「キンザール」の実験も進んでいる。キンザールはイスカンデル地上発射型単距離弾道ミサイルの改良型でミグ31K迎撃戦闘機から発射される。

しかし、2018年にプーチンが言及したいくつかの軍事プログラムは、それぞれ障害に直面している。NATOのコードネームで「SSC-X-9スカイフォール」と呼ばれる原子力巡航ミサイル「ブレベストニク」は、2019年8月にロシアの北極海で秘密のエンジンテスト中に墜落したと考えられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応

ビジネス

米マクドナルド、ロシア事業をフランチャイジーに売却

ビジネス

米中古住宅販売、4月は2.4%減 価格過去最高

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月