最新記事

イギリス

中国の自信過剰と誤算が戦争を招く最大の脅威 MI6長官

MI6 Warns China 'Miscalculation,' 'Overconfidence' Could Lead to War With U.K., Allies

2021年12月1日(水)18時40分
ローラ・コルパー

非政府組織の脅威に関して、ムーアはアフガニスタンの国際的に支援された政府の崩壊と武装勢力タリバンの政権復帰は、武装勢力を「奮い立たせる」要素になったと述べた。

「私はこの件について問題をぼかして語るつもりはない。米軍がアフガニスタンを去った今、脅威は成長する可能性が高い」とムーアは語る。だが彼はタリバンの支配の驚くべきスピードを、西側の諜報活動の失敗と呼ぶのは、「大げさ」であるとも言った。

一方、敵対的な国や集団にこれまでにない能力を与えているサイバーセキュリティの軍拡競争について、これに勝つためには、イギリスのスパイ組織はみずから根付いた極秘文化の一部を手放し、テック企業からの助けを求めなければならない、ともムーアは論じた。

ロンドンの国際戦略研究所で行われた今回の講演で、人工知能やその他の急速に発展する技術には破壊的な潜在能力があることからして、MI6は技術の進歩によって不安定化する世界で「秘密を保つためには、よりオープンになる」必要がある、とムーアは語った。

「われわれに敵対する者たちは、こうした技術を習得することで力を獲得できることを知っているため、人工知能、量子コンピューティング、合成生物学に資金と野心を集中している」と、ムーアは論じた。情報と権力を得るために膨大な規模でデータを収集している国の例として彼は中国の名をあげた。

ボンド映画とは違う

この状況に追いつくために、イギリスのスパイ組織は、「最大のミッションをも解決する世界レベルのテクノロジーを開発するために、ハイテク産業とのパートナーシップを追求していく」と、ムーアは言った。

「007」シリーズに登場する架空のMI6は自ら数々のガジェットを作り出していることに触れ、「ボンド映画のQとは違う。情報機関の中だけですべてをまかなうことはできない」とムーアは付け加えた。

民間部門と協力することは、秘密に包まれた組織にとって「大変化」であるとムーアは言う。イギリス政府は1992年までMI6の存在を認めなかった。最近、情報部は徐々にオープンになってきており、公認の歴史を本にして出版することも認められた。ただし、1949年までしかさかのぼることはできない。

コードネーム「C」で呼ばれる局長の名前が公表されるようになったのも1990年代のこと。ムーアはツィッターのアカウントを持っているが、これもMI6局長として初めてのことだ。

 20220531issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月31日号(5月24日発売)は「NATO vs プーチン」特集。北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤解」だが、ロシアは必ずしもそれを恐れない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 3

    「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    アメリカ軍より優れる──ウクライナ内製ソフトで砲撃2…

  • 6

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 9

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 10

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

  • 3

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 4

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃…

  • 7

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で…

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月